闇金ウシジマくん 423 闇金を先に始めたのはウシジマではなく柄崎だった。

そこには、柄崎がいた。柄崎が多栄子の借金の利息分を受け取りにきた。

後をつけてきた弟・辰也は、姉・文香がどんな仕事をしているかを知る。

店の人に声をかけられ、逃げるように走って去っていった。

柄崎は店の者に文香のことを聞く。文香は未成年で街を徘徊していたときに声をかけた。未成年だから契約できない携帯電話や住所をあてがってやったという。

そういう弱みにつけこんでアコギなピンハネしているのではないかと柄崎が聞くと、稼ぎの30%はバックしているという。

柄崎はたった30%だと刺されるぞと釘を刺す。

しかし、あまり深入りはしない。その店のバックにはウシジマがいるので儲けもウシジマにはいるという仕組みだから。

店を出ると柄崎は外にいた弟の辰也を見かける。

獅子谷とウシジマ | 闇金ウシジマくん

獅子谷とウシジマ | 闇金ウシジマくんより引用

その頃、コインパーキングで獅子谷に囲まれるウシジマ。

滑皮に呼ばれているからと告げると獅子谷はウシジマの顔をみて、あの時のことを覚えているかという。

過去に遡り、少年院の前で若かりし頃の柄崎がウシジマがでてくるのを待っていた。

久々に会ったウシジマは背が大きくなった柄崎になにをしているかを聞く。

柄崎は闇金をやっているという。

闇金ウシジマくん 第422話ネタバレ感想

先に闇金をやっていたのは柄崎。そして、獅子谷とも因縁が。

アパートの家賃10万円って、7万円じゃないの。いや、6万円ぐらいでむしろ儲けられるようにもらってんじゃないのかな。

2017年1月23日発売 今週のスピリッツ「闇金ウシジマくん」を読んで。

闇金ウシジマくん 概要

闇金ウシジマくんは、10日5割(トゴ)の超金利闇金融『カウカウファイナンス』の営業者・丑嶋馨の日常と、カウカウファイナンスに訪れる客およびその関係者の様々な人間模様と社会の闇を描いたストーリー。

闇金ウシジマくんを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

週刊ビッグコミックスピリッツは、毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。テレビアニメ化された作品は比較的少ないが、1990年代以降のトレンディードラマの台頭によって、柴門ふみの作品をはじめとしてテレビドラマ化された作品は多い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です