はじめの一歩 1168 WBC世界ジュニア・フェザー級タイトルマッチを並んで観戦する一歩と宮田

一歩と宮田 | はじめの一歩

一歩と宮田 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1168話ネタバレストーリー・あらすじ「」
  2. はじめの一歩 第1168話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1168話ネタバレストーリー・あらすじ「」

一歩は、南雲の世界戦に招待されてリングサイドの席に座っていると宮田がやってきた。

一歩と宮田 | はじめの一歩

一歩と宮田 | はじめの一歩より引用

宮田に座っている一歩にその席は一歩の席かと聞く。一歩は宮田の席を聞く。質問を質問で返す。

宮田は配慮がない招待席だと一歩の隣の椅子に座る宮田。

宮田も南雲に招待されていた。

宮田は、一歩と仲良く隣り合わせを望んだことはないという。

一歩と宮田 | はじめの一歩

一歩と宮田 | はじめの一歩より引用

一歩はリングを見上げてリングの上で真正面からぶつかり合ったとイメージする。

一歩は宮田のパンチをガードし、宮田の姿を確認するともう遠くにステップを踏む宮田。

くらいつく一歩。

宮田との距離を詰める。

宮田は素早い左を出すも一歩は頭を下げてかわす。宮田の懐に飛び込んだ一歩はボディに一発パンチを放つ。

宮田はガードをする。このパンチはガードされることを織り込み済みの一歩。すぐさまもう一度左で二連打のパンチを打つ。これで宮田得意のカウンターをされないと踏む。

しかし、宮田のクロスカウンターは速く、一歩の顔面を捉える。

一歩と宮田 | はじめの一歩

一歩と宮田 | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です