はじめの一歩 1171 宮田に新型デンプシーロールのことを再起戦で見せると確約する一歩

妄想しているのは宮田も同じだった | はじめの一歩

妄想しているのは宮田も同じだった | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1171話ネタバレストーリー・あらすじ「あとちょっとの向こう」
  2. はじめの一歩 第1171話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1171話ネタバレストーリー・あらすじ「あとちょっとの向こう」

南雲のタイトルマッチを観戦した後、会場外で宮田に壊れているんじゃないかと声をかけられる一歩。

一歩は、晴れやかな表情で無言で宮田に投げかける。

宮田は、そのツラのなんだという。

一歩は、自分が壊れているんじゃないかということは鴨川ジムのみんなにも疑われた。しかし、テストに合格し、出入り禁止の期間も鍛えに鍛えた。コレをつけてと、一歩は腕を挙げる。

何もついていない腕を見て、宮田は何をと聞く。

南雲の世界タイトルマッチのために急いででてきてつけ忘れていた。

宮田に新型デンプシーロールのことを再起戦で見せると確約する一歩 | はじめの一歩

宮田に新型デンプシーロールのことを再起戦で見せると確約する一歩 | はじめの一歩より引用

しかし、一歩は宮田にとにかく再起戦までに鍛えて新型を見せられるという。

宮田は、一歩は不愉快なやつだと思う。

妄想しているのは一歩だけだと思うなよと心に秘めて、宮田は一歩と別れた。

重りをつけてトレーニングに励む一歩 | はじめの一歩

重りをつけてトレーニングに励む一歩 | はじめの一歩より引用

一歩は、かわらずに重りをつけて川の土手でランニングをしている。

南雲があんなにもあっさり負けてしまったことにボクシングの難しさを痛感する一歩。自分がこんな難しいものにどうして飛び込んでしまったのだろうと考える。

一歩は、ボクシングを始めるきっかけとなった鷹村とであった木の下にいた。

鷹村に助けられた一歩 | はじめの一歩

鷹村に助けられた一歩 | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です