GANTZ:G(ガンツG) 最終話(最終回) はんぎょじん星人戦決着後の黒名蛍の生存は!?

黒名は新たに決意する。

100点めにゅーを取って、安孫子と藤本を再生させようとする。

しかし、その心の内を池上に見透かされる。

池上は、無理だという。先に私が再生させるからという。

それにつられて森下も私が再生するといい、宮崎も私も頑張るという。皆が心を一つになった。

サムライ星人に挑む彼女たち | GANTZ:G(ガンツG)最終話(最終回)

サムライ星人に挑む彼女たち | GANTZ:G(ガンツG)最終話(最終回)より引用

安孫子と藤本がやったように、初めての参加者にガンツについてを説明するために注目を集める黒名。

GANTZ:G(ガンツG)最終話(最終回)今回のネタバレ感想・考察

最終話(最終回)だけ、連載していたミラクルジャンプではなく、ジャンプ+で無料公開というから期待してなかったけど、割と好きな終わり方でよかった。

はんぎょじん星人は、本体一体のみでそのほかの怪物ははんぎょじん星人からでてきたものだから点数にならなかったのか。

ガンツ初期の、あんだけ苦労して倒したのに、これだけしか点数はいらないのかという絶望感があってよかったけど、最終話だし、展開するために池上だけいきなり100点だったけど、仕方ないか。というかもうちょっと続けてほしかったな。

レイカ登場 | GANTZ:G(ガンツG)最終話(最終回)

レイカ登場 | GANTZ:G(ガンツG)最終話(最終回)より引用

最後のレイカもポスターで登場した。

2017年3月20日無料公開 今日のジャンプ+「GANTZ:G(ガンツG)」を読んで。

GANTZ:G(ガンツG)概要

GANTZ:G(ガンツG)は、SF漫画「GANTZ(ガンツ)」のスピンオフ漫画。原作は「GANTZ(ガンツ)」の作者・奥浩哉。作画は、イイヅカケイタ。GANTZ:G(ガンツG)は、2005年のある日、修学旅行中の高校生を乗せたバスが事故をして、高校生一同がガンツルームに転送されるところから始まる。過酷なハンティングゲームに何人生き残れるか。

GANTZ:G(ガンツG)を連載しているジャンプ+について

ジャンプ+は、『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。App StoreとGoogle PlayからiOS・Androidにスマートフォン・タブレット端末向けアプリを配信する。ウェブブラウザで閲覧可能なウェブコミック配信サイトでもある。毎日約5作品のウェブコミックを無料配信し、本誌・ジャンプコミックスの電子販売も行っている。


GANTZ:G(ガンツG) 最終話(最終回) はんぎょじん星人戦決着後の黒名蛍の生存は!?」への1件のフィードバック

  1. FOX

    しょーもない終わり方、コイツの漫画は二度と見ない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です