はじめの一歩 1175 一歩専用のサウスポー対策。サウスポー相手のスパーリングで一歩はトレーニング。

サウスポー相手にスパーリングする一歩 | はじめの一歩

サウスポー相手にスパーリングする一歩 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1175話ネタバレストーリー・あらすじ「珍種」
  2. はじめの一歩 第1175話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1175話ネタバレストーリー・あらすじ「珍種」

板垣は一歩相手にサウスポー対策を話した。

しかし、板垣は一般的なサウスポー対策は一歩には必要ないかもしれないという。

板垣は、右利き同士のスタンスに直る。そして、一歩に左ジャブを要求する。

一歩は板垣の要求どおりに左拳を前に出す。

板垣はそれに合わせて左ジャブを出す。

一歩のリーチの短さ | はじめの一歩

一歩のリーチの短さ | はじめの一歩より引用

二人の腕のリーチ差に気づく。

サウスポー対策をするしないに関係なく、一歩は最初から腕のリーチが短く、常に遠い相手と対戦してきた。

そのリーチの差を克服していままで試合で勝利してきた。

それが左利きでもかわらないという板垣。

板垣は、一歩には一歩の対策があり、一歩だけのポジショニングがあるという。稀に見る特殊なボクサーだからだと。

一歩はボクサーとして希少価値、絶滅危惧種、珍種 | はじめの一歩

一歩はボクサーとして希少価値、絶滅危惧種、珍種 | はじめの一歩より引用

その言葉に、一歩は、自分は珍種だと考える。

一歩は、ワンポに自分が珍しいかと問うもワンポにわかるはずもなかった。

一歩は、板垣のランニングの後を追う。

一兎は自宅に帰って、ボクシングの入門書を読みながらサウスポー対策を考える。

布団を丸めて、擬似相手ボクサーとして、試しにパンチを撃つ一歩。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です