キングダム 510 飛信隊の初陣を語る古参兵。王翦将軍の不穏な動き。

弱さがあるから強さを知れる飛信隊のあり方 | キングダム

弱さがあるから強さを知れる飛信隊のあり方 | キングダムより引用

  1. キングダム 第510話ネタバレストーリー・あらすじ「新兵達の夜」
  2. キングダム 第510話ネタバレ感想・考察
  3. キングダム 概要
  4. キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

キングダム 第510話ネタバレストーリー・あらすじ「新兵達の夜」

趙の国門である列尾を落とした秦国連合軍。しかし、そこには李牧の秘策が仕掛けられていた。その秘策に気づいた王翦将軍。

列尾を落とした城内にて夜の宴が始まっていた。

干斗たち飛信隊の新入隊者は初陣を苦い思い出として地団駄を踏む。厳しい訓練にも耐えてきたのに何の成果もあげられなかった。二人を除いては。

新兵達の夜 | キングダム

新兵達の夜 | キングダムより引用

そこで言い争いになるも松左百人将が干斗をなだめる。初陣で生き残ったのだから楽しくやれと。

松左百人将だけではなく、崇原歩兵長や、最古参の尾平什長も酒をもって駆けつけた。

尾平が、信のところから三千人将以上が飲む酒を持ってきたという。干斗は仲間は亡くなって飲む気になれないという。

しかし、松左はだからこそ飲む。人生一度の初陣の夜の酒を味わえという。

干斗は初陣で命を助けてもらった崇原に礼を言う。崇原は、礼をいうぐらいならさっさと強くなれという。

初陣の思い出を語る松左百人将 | キングダム

初陣の思い出を語る松左百人将 | キングダムより引用

松左は笑う。新人に強く当たる崇原に、お前の初陣もビビッて小便もらして一人も斬れなかったのにと話す。

小便もらしの崇原と呼ばれていたと告白する崇原歩兵長 | キングダム

小便もらしの崇原と呼ばれていたと告白する崇原歩兵長 | キングダムより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です