ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第2話 三浦鷹山に勝負を挑まれるロボ

新連載第2話センターカラー | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

新連載第2話センターカラー | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

  1. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)新連載第2話ネタバレストーリー・あらすじ「朝のロボ」
  2. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)新連載第2話ネタバレ感想
  3. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)の概要
  4. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)を連載している週刊少年ジャンプについて

ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)新連載第2話ネタバレストーリー・あらすじ「朝のロボ」

ゴルフが紳士のスポーツと、日本ではオジサンがやるスポーツなどと呼ばれるのは昔の話。今やれっきとしたアスリートスポーツ。

日々ハードなトレーニングを積んだ若い選手が圧倒的な飛距離でコースを制圧するパワーゴルフが主流となった。

三浦鷹山は登校中もずっと考えていた。あのカンペキなショット音を出せる者に会いたい。まちがいなく自分よりも上手いと考える。

ロボはトモヤと登校中に後ろから声をかけられる。ゴルフ部のキャプテン・柊だ。

ロボをゴルフ部に誘うキャプテン柊 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ロボをゴルフ部に誘うキャプテン柊 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

柊は、開口一番にロボをゴルフ部に誘う。

突然のことでトモヤはビックリする。柊は焦って順序を間違えたという。

柊はロボのことをゴルフの経験者でかなり上手いと評す。だからゴルフ部に入って欲しいという柊。

「んごごるふぶ」の意味を聞くロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

「んごごるふぶ」の意味を聞くロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

ロボは、んごごるふぶ、というのは何かといつものロボ節を炸裂させる。

ロボは順番に応える。

経験者か否かについては経験者でないと応え、ゴルフコースにいったこともなければゴルフのルールも知らないという。

ボールが上手く打てたのは、父の仕事の合間に打っていたからだという。

そして、ゴルフ部に入ってほしいという要望については断る。

ゴルフは何が楽しいのかわからない。

勝負事には興味がないことを再確認したロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

勝負事には興味がないことを再確認したロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です