はじめの一歩 1176 鴨川会長にもっと叱られたいというマゾ一歩

鴨川会長の叱咤激励 | はじめの一歩より

鴨川会長の叱咤激励 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1176話ネタバレストーリー・あらすじ「会長の叱咤」
  2. はじめの一歩 第1176話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1176話ネタバレストーリー・あらすじ「会長の叱咤」

会長との練習中に新型デンプシーロールのタイミングでパンチを打ってしまったと謝罪する一歩。

それを聞いた会長は、生ぬるいパンチをしたことに叱咤する。

その程度だと相手にパンチを差し込まれるかもしれないと。

サウスポー相手に懐に入るのは難しい。懐に入ったら千載一遇のチャンスだと思え。

右を下に見せて意識させてから上に返す。

自分から手を出して崩せ。

何度も繰り返し崩して踏み込む。

体にしみこませて試合までに反復練習をして精進しろと一歩に叱咤激励をする。

青木や木村は厳しい会長によくヘコまないなというと一歩はもっと叱られたいという。

鴨川会長に叱られてボクシングをやっていると実感する一歩 | はじめの一歩

鴨川会長に叱られてボクシングをやっていると実感する一歩 | はじめの一歩より引用

ボクシングから離れた一ヶ月は会長の叱咤激励がなかった。嬉しいという。会長に叱られるとボクシングをしている実感が沸くという。

鷹村の住んでいる太田荘にて、木村と青木は今日あった一歩の叱られたいという話を、鷹村にする。

減量中の鷹村は厚着をし、暖房器具に囲まれて座っている。その後ろで、木村と青木は、ポテトチップスとコーラを爆食いしている。

褒められないならわかるけど、叱られたいという一歩の気持ちはわからないという。

減量中の鷹村宅に訪問して邪魔する木村と青木 | はじめの一歩

減量中の鷹村宅に訪問して邪魔する木村と青木 | はじめの一歩より引用

それを聞いて、鷹村は減量中の人間の前で飲み食いするなと暴れる。

木村と青木は、減量に失敗している鷹村を心配に来ているというも余計なお世話だと追い返す。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です