キングダム 511 李牧が施した趙国門列尾城の秘密

列尾城には李牧が施した秘密がある | キングダム

列尾城には李牧が施した秘密がある | キングダムより引用

  1. キングダム 第511話ネタバレストーリー・あらすじ「列尾の罠」
  2. キングダム 第511話ネタバレ感想・考察
  3. キングダム 概要
  4. キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

キングダム 第511話ネタバレストーリー・あらすじ「列尾の罠」

趙の国門である列尾を落とした秦国連合軍。しかし、そこには李牧の秘策が仕掛けられ、秘策に気づいた王翦将軍は列尾城内から姿を消した。

王翦将軍の姿が消えたことで城内はあわただしくなる。

列尾に向かう李牧一団。急報にて列尾が秦軍に陥落させられたことを知る。

公孫龍将軍が陽土まで下がって布陣をしいていることに李牧側近は苛立つも李牧は私の指示だから問題ないという。

列尾には李牧が残した秘密がある限り大丈夫だという。

李牧は、その秘密に気づかずに秦軍が動いていればこっちものも。しかし、王翦はその秘密に気づくだろうと予想する李牧。

そして、気づいたなら危険を冒してでも確かめに動くはずだと考える李牧。

李牧の予想通り、王翦は側近を連れて、馬を走らせていた。

列尾城内では、王翦本陣に詰め寄る河了貂。

王翦が残した命令は「全軍 列尾に三日待機」 | キングダム

王翦が残した命令は「全軍 列尾に三日待機」 | キングダムより引用

何か伝言みたいなものはないかと王翦本陣の兵に聞くと、王翦第一大隊長の亜光が「全軍 列尾にて三日待機」という伝言を残しているという。

急いで列尾を落としたのに三日も待つ意味がわからない河了貂。

楊端和は、列尾城について何か伝言が残っていないかを聞く。

桓騎本陣にも王翦がいなくなった知らせが届く。桓騎の側近はいなくなったこと自体に焦りはない。桓騎自身は城がやばい状態だからだと察する。

王翦が姿を消して二日。

王翦がいなくなったことは上層部だけの秘密にし、秘密裏に会議が開かれる。

楊端和、王賁、蒙恬、信、河了貂が集まる部屋に桓騎がやってくる。

蒙恬らは列尾城の弱点に気づく | キングダム

蒙恬らは列尾城の弱点に気づく | キングダムより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です