ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第4話 ゴルフ場デビューでガチキレ三浦鷹山vs悪気なしロボ

ゴルフに命をかける三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ゴルフに命をかける三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

  1. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第4話ネタバレストーリー・あらすじ「鷹山vsロボ」
  2. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第4話ネタバレ感想
  3. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)の概要
  4. ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)を連載している週刊少年ジャンプについて

ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第4話ネタバレストーリー・あらすじ「鷹山vsロボ」

剣道が嫌いになったわけじゃない。むしろ、それまで自分の中で一番にあるものだった。

剣道の師範である父から学び、物心つくころには既に竹刀を握っていた。

三浦鷹山の父はいう。

幼少期の三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

幼少期の三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

真剣にやりなさい。

礼節を学び、精神を鍛えることは忘れてはいけない。

元は刀。人を斬る道具を扱う鍛錬から発展したもの。勝負に負ければ亡くなる。それぐらいの気持ちで日々の稽古に励め。

それが真剣にやるということだ。

ゴルフに出会い、その楽しさを知り、自分の中でゴルフが一番に変わった。

しかし、真剣にやるということは替っていないと語る三浦鷹山。

ゴルフは命をかけてやっている。

だから、トモヤの話が本当なら三浦鷹山にはロボの姿勢はガマンできない。

ロボはそれだけの技術を持っていながらゴルフをやる気はないのかと三浦鷹山は聞く。

ゴルフのやる気はないと応えるロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ゴルフのやる気はないと応えるロボ | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

ロボははっきりとやる気はないと応える。

今度はロボが応える。

改めて言われるとこの勝負を受けたのか自分でもわからない。気まぐれかもしれない。自分の気持ちがわからない部分もあるが、勝っても負けてもやる気はでないと思うとはっきりと応える。

ガチキレする三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ガチキレする三浦鷹山 | ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です