ジョジョリオン 64 明かされる花都が逮捕された理由と常敏が呪いをやり過ごした方法

常敏は、鳩を寝かしつけしている母・花都のもとへいく。

気を失った上級生を見せると、花都は、上級生を車のトランクに入れる。常敏は、まだ生きているから救急車を呼ぼうというも花都は、呼ばなかった。

花都は、常敏に言い聞かせる。

花都は、常敏に責任はないと言い聞かせる | ジョジョリオン

花都は、常敏に責任はないと言い聞かせる | ジョジョリオンより引用

いままでは、明日になれば覚えていないけど、このことを覚えている。しかし、常敏は何もしていない。

常敏は、花都の言っている意味がわからなかった。

常敏のためなら生きられる。

ジョニィ・ジョースターの伝説のことを考える花都。

それを祀った祠。その祠の奥にある穴に上級生と常敏が入るように言う。入ったら上から土を被せるという花都。

16歳になった常敏 | ジョジョリオン

16歳になった常敏 | ジョジョリオンより引用

ローラースケートで遊ぶ常敏。憲助は、常敏に健康診断を受けたのかと聞くも絶好調なのに健康診断なんかしないという。

ローラースケートを羨ましがる鳩。

何かしっくりこない憲助。

ローラースケートで遊ぶ常敏。それを追いかける鳩。洗濯物で遊ぶ常秀。そして、花都に抱っこされている赤ん坊の大弥。

逃げた亀を捜索している時に、白骨化した少年の遺体が発見される。五年前に家出をおした少年だと断定され、残されていた指紋から花都が逮捕された。

そのため、15年も服役していた。

定助と康穂はバスに乗っていた。

定助は窓の外を見ていた。康穂は、自分の呼びかけに応答しない定助を気にする。

定助が気にしているのがドロミテならボコボコにしたという。

しかし、定助はドロミテのことはもうどうでもよかった。

それよりもドロミテの喋り方が気になった。

常敏が父親を裏切っているのかと聞くもドロミテは常敏はただの使いッパシリ。田最環の資金洗浄に利用されていただけだという。

ドロミテは定助にロカカカから手を引くようにいう。

ロカカカの真の目的は知りたくないというドロミテ。

定助は、ドロミテに他に仲間がいるのかと聞くもドロミテは、知らないといい、知りたくないから、六坂神社に住んでいるという。

ドロミテ | ジョジョリオン

ドロミテ | ジョジョリオンより引用

ドロミテは、言いたいことが伝わっていないからはっきりという。いま、ロカカカから手を引けば、助かるという。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です