【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第6話 三浦鷹山vsロボで勝利したのは…

ロボがゴルフをやる気がないという発言は、不真面目からではなく無関心からだと考える。

ロボは完璧なスイングをするがゴルファーじゃないという三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ロボは完璧なスイングをするがゴルファーじゃないという三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

的当てがどれだけ正確だろうともプロ野球のピッチャーになれないのと同じで、神業のショットができるロボだとしてもゴルファーではないと考える三浦鷹山。

ロボを見ると、ロボはダフり続けていた。

ダフった穴を三浦鷹山が埋めながら、トモヤはロボに勝負は終わったと声をかけるも、ロボは自分の世界に入っていて聞こえていなかった。

自分のミスショットの分析をしていた。

そこで気づいた。

ダフりの原因を分析するロボ | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ダフりの原因を分析するロボ | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

地面が平らではなく、傾斜なのでその分、クラブを短く持つ必要があると分析するロボ。

その分析をもとにロボはショットを打つ。

すると、ゴルフボールは、まっすぐに飛んで行く。

ダフる原因を分析し、スイングを修正して上手くショットできたロボ | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ダフる原因を分析し、スイングを修正して上手くショットできたロボ | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

問題を解決できたロボの表情は少し明るく見えた。

それをみた三浦鷹山は、ロボはゴルファーじゃないがいずれ必ずゴルファーになる。そして、自分のライバルになると感じる。

三浦鷹山は、ロボに握手を求める。そして、勝負は自分の負けだという三浦鷹山。

ロボは、今、11打目だから次は三浦鷹山の番だという。

三浦鷹山は、日没になり、このホールはホールアウトできない。つまり、1敗1分けで負けだという。そうじゃなくても素人同然の相手にこのざまだとと言葉を濁す。

三浦鷹山は、ロボに頼み事をする。

ロボにゴルファーになってリベンジマッチさせてほしいと頼み事をする三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ロボにゴルファーになってリベンジマッチさせてほしいと頼み事をする三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

早く、ゴルファーとなって、リベンジマッチをさせてほしいと。

ゴルフ雑誌を出版しているゴルフダイジェスト社では、最近の男子ゴルフの成績がよくないことを話題にしていた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です