【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第6話 三浦鷹山vsロボで勝利したのは…

しかし、今は、高校生ゴルファーが盛り上がってきているという。

わずか3年で高校トップクラスまでに急成長した三浦鷹山を筆頭に強豪各校がマスターズ優勝を将来期待させるような選手が増えて生きている。

その話題にあがった三浦鷹山がテレビ取材を受けていた。

トレーニング中の三浦鷹山にレポーターがインタビューする。

謙虚な三浦鷹山は、同世代に強い選手が大勢いるからいつも紙一重だという。

レポーターがトレーニングの汗の量を指摘するとトレーニング量はいつもと変わらないけど、新しいモチベーションができたという三浦鷹山。

テレビインタビューに応える三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

テレビインタビューに応える三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

本人も望まないと思うので名前は伏せるけど、最近、同世代で負けた選手がいると告白する三浦鷹山。三浦鷹山は、その無名の選手に勝つためにとモチベーションが上がる。その無名の選手がライバルだと宣言する。

【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第6話ネタバレ感想

勝負1ホール目(パー4)
三浦鷹山 -1 バーディ
ロボ -2 イーグル
結果・ロボの勝利

勝負2ホール目の結果(パー3)
三浦鷹山 0 パー
ロボ 0 パー
結果・引き分け

勝負3ホール目の結果(パー5)
三浦鷹山が1打、ロボが11打。
日没でホールアウトできず、ノーゲーム。

最終結果は、1勝1分けでロボの勝利。

2017年4月24日発売 今週のジャンプ「【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)」を読んで。

【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)の概要

ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)は、黒子のバスケを作者・藤巻忠俊が2017年春より週刊少年ジャンプに連載を開始した漫画。

【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)を連載している週刊少年ジャンプについて

毎週月曜日発売の週刊少年漫画雑誌。雑誌キーワードは「友情」「努力」「勝利」。すべての掲載作品のテーマにこの要素または繋がるものを最低1つ、必ず入れることが編集方針になっている。これは同誌の前身とも言える月刊漫画雑誌『少年ブック』の編集方針から受け継いだものであり、元は小学校4年生・5年生を対象にしたアンケート(「一番心あたたまる言葉」「一番大切に思う言葉」「一番嬉しい言葉」)によって決められたものである。基本的に掲載作品は格闘・アクションやギャグ・コメディ、スポーツ物などが主流であるが、SF・ファンタジーや冒険物、ラブコメ、社会派・ドキュメンタリー作品なども数多く掲載された。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です