はじめの一歩 1179 幕之内一歩、再起戦のリングへ

新型デンプシーロールを見せると宣誓する一歩 | はじめの一歩

新型デンプシーロールを見せると宣誓する一歩 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1179話ネタバレストーリー・あらすじ「再起戦のリングへ」
  2. はじめの一歩 第1179話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1179話ネタバレストーリー・あらすじ「再起戦のリングへ」

世界ミドル級統一王者防衛戦が開催される両国国技館は満員になっていた。

前座は終わり、次の試合は、セミファイナルの幕之内一歩vsアントニオ・ゲバラ。

鷹村守と幕之内一歩の控え室では、グローブの殴る音が響き渡る。

横たわった鷹村は煩いという。

音の元は、鴨川会長と一歩の練習だった。

試合前に入念にサウスポー対策をしている。

鷹村はその辺でやめないと準備運動で疲れるぞと忠告する。

鴨川は、やかましいと一喝するも鷹村はひかない。

鴨川会長に嫌味を漏らす鷹村 | はじめの一歩

鴨川会長に嫌味を漏らす鷹村 | はじめの一歩より引用

鷹村は、心配性で準備不足か、それとも再起戦にサウスポーしか用意できなかった負い目かという。

一歩の実力だと相手にしてくれる選手がいなかったと八木が弁護する。

控え室の扉が開き、一歩に入場に備えるようにと。

ゲバラがどんな思いがあろうが、譲れないものがあるという一歩。

鴨川会長と作った新型デンプシーロールをこの試合で見せると宣誓する。

一歩に責任とれと忠告する鷹村 | はじめの一歩

一歩に責任とれと忠告する鷹村 | はじめの一歩より引用

控え室を出て行こうとする一歩に、鷹村は「責任とれよ」という。

一歩は、精一杯やってきますと言葉を残し、控え室を去った。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です