闇金ウシジマくん 433 竹本を恐喝していたのは獅子谷兄弟

豪遊するよっちゃん | 闇金ウシジマくん

豪遊するよっちゃん | 闇金ウシジマくんより引用

  1. 闇金ウシジマくん 第433話ネタバレストーリー・あらすじ「最終章 ウシジマくん19」
  2. 闇金ウシジマくん 第433話ネタバレ感想
  3. 闇金ウシジマくん 概要
  4. 闇金ウシジマくんを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

闇金ウシジマくん 第433話ネタバレストーリー・あらすじ「最終章 ウシジマくん19」

会社がちょっとという竹本にウシジマは内情を聞いた。

竹本は会社の売上は良いが利益が問題だという。

専務のよっちゃんという人間が、ブランド主催のクラブイベントで現金をばらまいたり、タレントやモデル引き連れて六本木や西麻布のクラブで遊んだり、豪遊して経費を使いまくっている。

知らない名前がでてきて、ウシジマはよっちゃんのことを聞く。

よっちゃんは竹本の地元の先輩。

ウシジマは先輩だろうが社長の竹本がガツンといえばいいとアドバイスする。

しかし、ブランドが人気がでたのも、よっちゃんの人脈からだという。

ファッションブランドの人気を高める方法 | 闇金ウシジマくん

ファッションブランドの人気を高める方法 | 闇金ウシジマくんより引用

ブランドが売れた要因として、ショップ店員にキャバクラの人気嬢を採用した。

キャバクラの人気嬢だけあって、相手の心を掴む会話が上手いし、華がある。メイクや着こなしになれた女子高生が店に押し寄せた。

おしゃれな都内の私立女子高生が行列を作るブランドという取材を山ほど受けて売上も大幅に上がった。

そのアイデアを思いついたのがよっちゃん。いろいろ遊びながらアイデアを思いついたり、人脈を広げるのが得意とする。

すごい派手だから噂を嗅ぎつけたヤバイ連中や週刊紙の記者に目をつけられた。

セクシー女優の罠にはまるよっちゃん | 闇金ウシジマくん

セクシー女優の罠にはまるよっちゃん | 闇金ウシジマくんより引用

だから居抜き物件のバーを買い取って、しばらくの間、会員制の店内で飲むようにしていたが、ヤバイ連中が囲っていたセクシー女優を店に仕込み、キメセク写真を1億円支払えと恐喝されたという。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です