はじめの一歩 1181 ゲバラを捕らえる一歩のダッシュ力

ゲバラから見た一歩の動き | はじめの一歩

ゲバラから見た一歩の動き | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1181話ネタバレストーリー・あらすじ「突進」
  2. はじめの一歩 第1181話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1181話ネタバレストーリー・あらすじ「突進」

世界ミドル級統一王者防衛戦のセミファイナルの幕之内一歩vsアントニオ・ゲバラ。

ゲバラに突進する一歩 | はじめの一歩

ゲバラに突進する一歩 | はじめの一歩より引用

一歩は、敗戦からいままで何をしていたかと自分に言い聞かせながらアントニオ・ゲバラに強く迷わず突進する。

アントニオ・ゲバラは、タイミングを見計らっていたように左ストレートを合わせてくる。一歩に覚えさせて今後の展開を有利にするためだ。

一歩のダッシュ力にゲバラを始め、観客席にいるボクサーたちも驚く | はじめの一歩

一歩のダッシュ力にゲバラを始め、観客席にいるボクサーたちも驚く | はじめの一歩より引用

しかし、一歩の姿勢は低く、突進のスピードがあまりにも速い。

ゲバラの左ストレートは空を切る。

ゲバラを射程圏内に捕らえる一歩。

ゲバラは咄嗟にガードを上げる。

一歩の右ボディブローを直撃されるゲバラ | はじめの一歩

一歩の右ボディブローを直撃されるゲバラ | はじめの一歩より引用

一歩の拳はゲバラの腹に突き刺さる。飛び込みざまの右ボディブロー。


はじめの一歩 1181 ゲバラを捕らえる一歩のダッシュ力」への1件のフィードバック

  1. dend

    はじめの一歩のゲバラ戦で伊達が登場しなかった理由は
    ゲバラの左をかいくぐり
    ゲバラの左胸に右フックを置いておくだけで「ハートブレイクショット」が成立するから
    ゲドー戦でも一歩はこれをやっている
    デンプシーロールがただの「ダンス」にしかならなくなる
    つまり「ハートブレイクショットを使えよ」という内容の野次を伊達が飛ばすという流れになるから
    伊達が観戦していないという話
    そして、代わりに藤井が観戦しているという図式からこういう事も判明するのである
    「宮田は南雲相手に手を抜いた」に気づかなかった藤井と
    宮田と千堂と間芝が同席している事から
    「デンプシーロールはただのダンスにしか過ぎない」に気づかない
    宮田と千堂と間芝は「ピエロ」だと言う事を意図した配置
    つまり宮田も先導も間芝も藤井と同じ「ピエロ」を意図した描写

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です