ジョジョリオン 65 植物鑑定人の名前は豆銑礼(まめずくらい)。スタンド能力は空条徐倫の「ストーン・フリー」に似た糸のスタンド。

もし、脅威が近づいているなら康穂を直ちに下ろすというも植物鑑定人は手遅れだという。

杜王町に戻っても92.5%の確率で康穂は始末されてしまう。走行中のバスから降りても同じことが言えるとつまり、敵は追って来ているという植物鑑定人。

乗客は、バスの運転手が倒れていることに気づき、騒ぎ出す。

植物鑑定人は、バスは捨てるがもう少し先に進めたいといい、騒いでいる乗客をどうにかするように定助にいう。車載カメラは壊してあるが通報し、バスジャック犯にされたら面倒だと考える。

植物鑑定人の豆銑礼(まめずくらい) | ジョジョリオン

植物鑑定人の豆銑礼(まめずくらい) | ジョジョリオンより引用

定助は、どこに向かっているのかと訊ねるも植物鑑定人は、この時点で目的地を言えるはずがないという。

敵はどこで聞いているかわからない。そもそも定助がしゃべったことが追われる原因だ。何者かに聞かれてはまずいと植物鑑定人はいう。

植物鑑定人は続ける。

とにかく定助は守ることに徹して欲しい。第一優先は、植物鑑定人の命を守ること、第2位は定助自身の命。康穂の命は第3位だと優先順位を決める植物鑑定人。

その意見に康穂は驚く。

植物鑑定人は合理的な意見をいったまでだという。

バスはパーキングエリアに止まる。

ドアを開けて降りる準備をする。

植物鑑定人の豆銑礼(まめずくらい) | ジョジョリオン

植物鑑定人の豆銑礼(まめずくらい) | ジョジョリオンより引用

植物鑑定人は、バスから降りると生存率は7.5%になる。降りる場所を間違えれば更に生存率は下がるという。

植物鑑定人は、乗客の携帯電話を破壊するように指示する。写真を撮られている可能性を考慮してだ。しかし、康穂はその必要はないという。康穂のスタンド「ペイズリーパーク」で既に消去済みだという。

康穂は、バスから降りて地面に立つ。

康穂は、植物鑑定人に生存率の確率はどういう計算で算出しているのかを訊ねる。

植物鑑定人は、敵は姿を見せていない紛れ込んでいるという。

その言葉で定助は、岩人間なのかと聞く。植物鑑定人が岩人間のことを知っているのかと聞く。定助は、田最環に仲間がいなかった。だから岩人間の可能性はないことをいうも植物鑑定人は、まきこまれたのは自分のほうだと念を押す。

植物鑑定人は、田最環のことを知らなかったが黒い敵は存在するという。

康穂 | ジョジョリオン

康穂 | ジョジョリオンより引用

そして、植物鑑定人は、康穂に自分の確率を疑わないほうがいいと忠告する。

植物鑑定人が指差した方向には木があった。

植物鑑定人の豆銑礼(まめずくらい)が指差す方向にハテナになる定助と康穂 | ジョジョリオン

植物鑑定人の豆銑礼(まめずくらい)が指差す方向にハテナになる定助と康穂 | ジョジョリオンより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です