闇金ウシジマくん 434 熊倉に獅子谷のことを相談してしまった吉澤

獅子谷の悪趣味な耳ジャーキーネックレス | 闇金ウシジマくん

獅子谷の悪趣味な耳ジャーキーネックレス | 闇金ウシジマくんより引用

  1. 闇金ウシジマくん 第434話ネタバレストーリー・あらすじ「最終章 ウシジマくん20」
  2. 闇金ウシジマくん 第434話ネタバレ感想
  3. 闇金ウシジマくん 概要
  4. 闇金ウシジマくんを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

闇金ウシジマくん 第434話ネタバレストーリー・あらすじ「最終章 ウシジマくん20」

竹本を恐喝したいたのは獅子谷兄弟だと知るウシジマ。

竹本の会社の専務のよっちゃんこと吉澤専務は、獅子谷に呼び出されていた。

獅子谷は、吉澤に視力を訊ねる。

吉澤は、両目とも1.0というと獅子谷は良かったと答える。理由は、獅子谷の足元に転がっているやつのようにメガネがかけられなくなるからだという。

獅子谷の足元に転がっている男の耳はそぎ落とされていた。

ミイラの技術は宗教儀式の一環として生まれた。死者の魂が永遠に行き続けるようにと獅子谷が語りだす。

吉澤は獅子谷が何を言うとしているかわからず生返事を返す。

獅子谷は首からぶら下げているものを何だと思うと吉澤に問う。

わからない吉澤。

耳ジャーキーだという獅子谷の首には人間の耳をつなげたネックレスがかかっていた。

獅子谷は自分に歯向かったり、要領の悪い人間は厳しく教育する。聞き分けの悪い奴は、ガスコンロで焼肉パーティー。それでも聞き分けの悪い奴は、一生歯向かえないよう気持ちが折れるまで徹底的に教育する。

耳ジャーキーをつくる。モノより思い出というが、形に残しておいたほうが忘れない。分かりやすい形の恐怖は永遠の服従につながる。

吉澤を脅す獅子谷 | 闇金ウシジマくん

吉澤を脅す獅子谷 | 闇金ウシジマくんより引用

持論を展開して前置きをした獅子谷は、吉澤の耳を掴み、例のモノは用意できたかと聞く。

吉澤は、竹本社長と相談中だと謝罪する。

獅子谷は時間切れだといい、明日までに用意できなかったら話し合いは終わりで実行に移すと脅す。

吉澤の実家は、父親、母親、妹で仲良く切り盛りしているラーメン屋。よく燃えそうだから火の気には用心しろと獅子谷は安易に吉澤の実家を攻撃すると伝える。

返された吉澤は、ヤバイヤバイと現在の状況を悲観する。

ホテルで、滑皮はキャバ嬢と会っていた。キャバ嬢は、太客とアフターでカラオケにいって喉がカラカラだというと滑皮はお疲れと労いの言葉を返し、今月ナンバーワンになったといえば、おめでとうと簡素に返事を返す。

キャバ嬢は、ここまで頑張れたのは滑皮のおかげだから何かプレゼントするという。買い物のいこうというも、滑皮は携帯に着信が入り、キャバ嬢を黙らせる。

電話の相手は熊倉だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です