はじめの一歩 1182 防戦一方のゲバラに新型デンプシーロールを仕掛ける一歩

一歩に対して防戦一方のゲバラ | はじめの一歩

一歩に対して防戦一方のゲバラ | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1182話ネタバレストーリー・あらすじ「追撃」
  2. はじめの一歩 第1182話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1182話ネタバレストーリー・あらすじ「追撃」

世界ミドル級統一王者防衛戦のセミファイナルの幕之内一歩vsアントニオ・ゲバラ。

1ラウンド早々に、ゲバラは一歩のパンチでダウンする。

ゲバラは一歩のダッシュに追いつかれ、飛び込まれた瞬間に一歩の豪腕が唸る。

あっという間の出来事に観客が盛り上がる。

ナショナルチャンピオンクラスだと一歩は止められないという声も上がる。

そんな声に千堂は、自分のパクリだという。

一歩のダッシュ力に着目するボクサー達 | はじめの一歩

一歩のダッシュ力に着目するボクサー達 | はじめの一歩より引用

間柴は、一歩のダッシュ力は尋常じゃないと評価。打撃が派手で気を取られているが特筆すべき点はダッシュ力。

それは宮田も同意見だった。

まるで瞬間移動のようなダッシュ力にそれをとめるブレーキ能力。

一歩が以前にいっていたことは本当だったと考える宮田。新型デンプシーロールの発射台としての体づくりは完成していた。

ニュートラルでゲバラを見下ろす一歩。

レフェリーのカウントが続く。

このまま立ち上がれず、1ラウンドKOの風神復活なるかと観客も期待する。

観客は一歩のパンチでゲバラは立ち上がれないだろうと考えるも鴨川会長は違った。

パンチは浅いと見てゲバラは立ち上がると予想する鴨川会長 | はじめの一歩

パンチは浅いと見てゲバラは立ち上がると予想する鴨川会長 | はじめの一歩より引用

サウスポーのスウェーバックはオーソドックススタイルよりもはるかに遠い。ゲバラはスウェーで必死に逃げた。一歩のパンチはそれを追う形になり、パンチの当たりは浅いと見る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です