キングダム 517 趙国国王の本音と秦連合軍と趙の二軍が正面衝突

趙国・国王の本音 | キングダム

趙国・国王の本音 | キングダムより引用

  1. キングダム 第517話ネタバレストーリー・あらすじ「削り合い」
  2. キングダム 第517話ネタバレ感想・考察
  3. キングダム 概要
  4. キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

キングダム 第517話ネタバレストーリー・あらすじ「削り合い」

趙の列尾を破った秦連合軍が列尾を捨ててギョウまでの9つの城を攻め落とし、民衆をギョウへと向かわせた。

難民となった9つの城の民衆を受け入れたギョウの食料庫は、みるみるうちに消費されていく。

趙が兵糧攻めでくるなら王翦も兵糧攻めでギョウを落とそうとする。

趙・王都邯鄲に到着した李牧は、国王に謁見する。

趙国・国王 | キングダム

趙国・国王 | キングダムより引用

言い訳だけは達者だと見下す国王。

李牧は処罰はいかようにも受けるといい、邯鄲軍を十万を出兵させてほしいと国王に依頼するも即答で断る国王。

邯鄲の兵は邯鄲を守るためにある。1兵たりとも王都から出さない意思を崩さない国王。

李牧は、国王の邯鄲軍の出兵を許可させるために説得のためにギョウが落ちた場合の話をするも、それでもかまわないという国王。

秦が邯鄲に攻めてこようとも邯鄲は落ちぬし、そもそもギョウは不落の城だと自信の国王。

邯鄲が包囲されても十年、二十年は篭城できるという国王。李牧はいずれは落ちるというとそこは否定しない国王。

しかし、攻め落とされてもその前に自分は病でこの世にいないという国王。

だから、その後の国も民も知ったことではないという。

その国王の本音に李牧は未来が暗いと感じる。

国王は、ギョウが攻め落とされれば、李牧とその一党に処罰を与えると言い放ち、李牧を追い出す。

部屋の外で待っていたカイネは、自分の国王があまりにもひどいと感じる。

李牧は、王国を滅ぼすのは敵でに非ずという言葉を口にする。

過去の王国で国を滅ぼした王の名前を列挙し、趙国王もそうでないことを祈る利牧。

そこに、趙国太子がやってくる。

趙国太子・嘉 | キングダム

趙国太子・嘉 | キングダムより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です