はじめの一歩 1183 ついに新型デンプシーロール発動

新型デンプシーロールの1発目 | はじめの一歩

新型デンプシーロールの1発目 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1183話ネタバレストーリー・あらすじ「肉薄」
  2. はじめの一歩 第1183話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1183話ネタバレストーリー・あらすじ「肉薄」

世界ミドル級統一王者防衛戦のセミファイナルの幕之内一歩vsアントニオ・ゲバラ。

1ラウンド早々に、ゲバラは一歩のパンチでダウンする。

立ち上がったゲバラに猛追する一歩。

ロープに追い詰めた一歩はゲバラのパンチをかいくぐり、懐に飛び込む。

その一歩のあまりにも低い姿勢にゲバラは驚く。

低い体勢から、一歩は新型デンプシーロールを放つために、全身の筋肉になじれの力を伝えていった。

鴨川会長と二人で作ってきた新型デンプシーロールを放つ一歩。

新型デンプシーロールの1発目の左アッパー | はじめの一歩

新型デンプシーロールの1発目の左アッパー | はじめの一歩より引用

下から上への左アッパーがゲバラを襲う。

かろうじてガードしたゲバラだがガードで精一杯。

一歩は、そのまま、体をひねり、タテの動きからヨコの動きに変化させる。

新型デンプシーロールの2発目の左フック | はじめの一歩

新型デンプシーロールの2発目の左フック | はじめの一歩より引用

新型デンプシーロール2発目の左フック。

このパンチもゲバラは防ぐ。

新型デンプシーロールは止まらず、3発目のタテの右アッパーに移行する一歩。

これもゲバラはガードする。

新型デンプシーロールに目を見張る、宮田、千堂、間柴。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です