ジョジョリオン 67 新手の敵スタンドはチョコラータの劣化版『グリーン・ディ』とセッコの劣化版『オアシス』のコンビ再現なのか!?

定助は、豆銑礼(マメズクライ)にあんたも落としてやるかと襟首を掴む。

豆銑礼(マメズクライ)の生存率計算 | ジョジョリオン

豆銑礼(マメズクライ)の生存率計算 | ジョジョリオンより引用

豆銑礼(マメズクライ)は、冷静に康穂のおかげで生存率は23%に増えたという。

敵は謎だが倒すチャンスは必ず訪れると冷静に分析する。しかし、その冷静さと方法がイカれていると思う定助。

状況が飲み込めてきた康穂。

定助は、康穂に怪我をしているかと聞く。

康穂は大丈夫だと告げ、状況を分析する。

敵が康穂を襲うと仮定する。敵スタンドは5番の柱に木をハシゴして登ってきた。そこから向かってくるのかと考える。

定助は、康穂に動けるなら6番の柱までいって登れと指示する。

敵スタンドを分析する康穂 | ジョジョリオン

敵スタンドを分析する康穂 | ジョジョリオンより引用

康穂は、敵は地面の下を移動しているのかと聞く。

定助は、敵の正体がわからないが、地面の上にいることは期限だから6番の柱を登るように指示する。

そこで豆銑礼(マメズクライ)が、何故康穂を6番の柱に向かわせるのかと聞く。豆銑礼(マメズクライ)は、地面から這い出るミミズを見ていた。

注意深く観察する豆銑礼(マメズクライ) | ジョジョリオン

注意深く観察する豆銑礼(マメズクライ) | ジョジョリオンより引用

定助はどういうつもりかと聞くも豆銑礼(マメズクライ)は、なんでもないとリフトを6番柱に移動を開始させる。

その合図とともに康穂は立ち上がり、6番柱に向かって走り出す。

動き始めたリフトの上で豆銑礼(マメズクライ)は、今考えたことを定助に告げる。

敵は、樹木をハシゴにした5番を襲ってきた。そのため、敵は樹木を動かした。直前まで自分がそのことに気づかなかったという豆銑礼(マメズクライ)。

そして、6番柱について樹木と異なり、土台はコンクリートだが崩されたら、柱のワイヤーが緩んでリフトは落ちる。敵のスピードがあるとは思えないが先回りされたら終わりだという。

豆銑礼(マメズクライ)の予想通り、康穂が近づいたとき、6番柱の土台のコンクリートが崩された。

揺れるリフト。

康穂の足元の崩れた地面から何かが出てきた。

定助は逃げろと康穂に指示する。逆方向に走りだす康穂。

地面から出てきた何かが土を飛ばす。

定助はスタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉を康穂に向けて飛ばし、シャボン玉に登れと指示する。

スタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉で康穂を助けようとする定助 | ジョジョリオン

スタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉で康穂を助けようとする定助 | ジョジョリオンより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です