『岸辺露伴は動かない』エピソード#9 D・N・A 別冊マーガレットにて出張掲載

それを聞いた山岸由花子は、キャライメージ変えたのと聞く。野球観戦なんていままでの岸辺露伴には想像もつかなかった。

岸辺露伴は、山岸由花子に名前を尋ねた。

山岸由花子は、冗談でいっているのかと聞く。山岸由花子だと改めていう。

岸辺露伴はそうじゃないという。山岸由花子が連れてきた女性の名前を聞いているという。

今回の相談者の片平真依 | 『岸辺露伴は動かない』

今回の相談者の片平真依 | 『岸辺露伴は動かない』より引用

名前を尋ねられた女性は、片平真依と名乗り、山岸由花子の母親とお付き合いさせていただいていると自己紹介する。

公園で遊ぶ白いワンピースがひとり娘の片平真央。今年3歳になるという。

山岸由花子は、岸辺露伴に興味のある話だからと御願いする。

岸辺露伴は、自分がお役に立てるなら嬉しいと携帯電話を見ながら答える。

そんな岸辺露伴のそっけない態度も気にせずに片平真依は、話を進める。

片平真依は、当時、新婚でしたが自動車事故で夫を亡くした。事故から15年たっても夫以外の誰かを好きになったりするのかと、ずっと考えて過ごしてきたという。

親からも再婚をすすめられ、何人かの男性とも会ったが、お付き合いがダメで恋をするとかありえなかったという。

再婚は考えられなかったというと岸辺露伴はずっと独りかと聞く。

38歳になっていて、年齢的もあったとので精子バンクから提供を受けたと告白する。

再婚はできなくても子供はほしかったという片平真依。そのことには、神様にも日本の社会にも感謝している。娘の真央を授かったのは最も幸せな出来事だったおちう。

精子バンクを改めて説明する岸辺露伴 | 『岸辺露伴は動かない』

精子バンクを改めて説明する岸辺露伴 | 『岸辺露伴は動かない』より引用

岸辺露伴を、精子バンクについて確かめるかのように説明をする。

精子バンクはどこかの知らない男性の精子を医療機関が冷凍保存しておく、セッ○スなしで子供を身籠らせる医療技術のことで良いかなという。

山岸由花子は、奉仕の精神、健康と認められた男性の精子と念押す。

岸辺露伴がセクハラするとは思わなかったという山岸由花子 | 『岸辺露伴は動かない』

岸辺露伴がセクハラするとは思わなかったという山岸由花子 | 『岸辺露伴は動かない』より引用

山岸由花子の言葉に岸辺露伴は、今のセリフ、山岸由花子が口にするのはいい。もう一回言って欲しいというと、山岸由花子は、驚きだという。野球観戦するようなキャラになった上にセクハラするキャラに変わっていることを指摘する。

岸辺露伴は、鼻息で山岸由花子の嫌味を一蹴する。

岸辺露伴は、相談の内容は片平真依ではなく、娘の真央のことだろうと察する。

片平真依は、勘の良い岸辺露伴に対して、本題に入る。

娘の真央のことを話す母親・片平真依 | 『岸辺露伴は動かない』

娘の真央のことを話す母親・片平真依 | 『岸辺露伴は動かない』より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です