はじめの一歩 1191 “宣言” 控えめな一歩がKO宣言

一歩のKO宣言 | はじめの一歩

一歩のKO宣言 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1191話ネタバレストーリー・あらすじ「宣言」
  2. はじめの一歩 第1191話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1191話ネタバレストーリー・あらすじ「宣言」

レフェリーはゲバラのセコンドに次に危険な場面があればストップをかけると宣言する。

レフェリーに忠告されるゲバラのセコンド | はじめの一歩

レフェリーに忠告されるゲバラのセコンド | はじめの一歩より引用

何も言い返せないセコンドたち。

ゲバラは、うつむいているセコンドに、血を止めて欲しいと要求する。

セコンドは我に返り、ゲバラの止血を始める。

セコンドは、鼻血は止められるが口の中は無理だという。

セコンドがゲバラの鼻血を止める | はじめの一歩

セコンドがゲバラの鼻血を止める | はじめの一歩より引用

ゲバラ自身の歯で口の中が傷ついているからだと理由を説明する。

ブロックの上からでも血は噴き出す。大量出血すれば試合はストップされる。

セコンドは状況説明を予想をして、ゲバラに棄権を促す。

一歩は強い。これ以上痛めつけられないうちに止めて置こう。ゲバラは、口の中が切れても血は飲むという。

セコンドは、自分の話を聞いていなかったのかと思い、強い口調に切り替わる。

日本のリングで観客も日本人。ゲバラが倒されることを楽しみにしている連中の前にわざわざ出て行く必要はないと語尾を強める。

ゲバラの祖国への想い | はじめの一歩

ゲバラの祖国への想い | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です