キングダム 529 “端和の勇” 犬戎の王・ロゾvs山の民の女王・楊端和

飛信隊 | キングダム

飛信隊 | キングダムより引用

  1. キングダム 第529話ネタバレストーリー・あらすじ「端和の勇」
  2. キングダム 第529話ネタバレ感想・考察
  3. キングダム 概要
  4. キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

キングダム 第529話ネタバレストーリー・あらすじ「端和の勇」

左右の崖から犬戎の挟撃を受け、山の民・楊端和軍は被害を拡大していった。

壁の部下からも退却の案が出て、壁は楊端和に退却を仰ぐ。

その退却案に楊端和も賛成する。

退却を始めた山の民・楊端和軍を見て、犬戎の王・ロゾは縄張りに入るからだと鼻で笑う。

犬戎の王・ロゾ | キングダム

犬戎の王・ロゾ | キングダムより引用

退却する山の民の背を討って半数を葬ると舜水樹に宣言する犬戎の王・ロゾ。

退却するなか、山の民が次々を討たれているなかで、小さい丘の犬戎の姿を目にし、反撃の糸口を見つける。

楊端和は、壁軍と他の山の民はそのまま退却し、メラ族、タラ族、コン族を引き連れて小さい丘を目指す。

丘から勢いよく降りてくる犬戎の騎馬と激突する楊端和。

崖下からの不利にも関わらず、楊端和は犬戎を激はして、小さい丘を奪取する。

メラ族の女戦士 | キングダム

メラ族の女戦士 | キングダムより引用

メラ族の女戦士が、古い騎馬民族のいいようにさせないと犬戎のことを骨董品扱いする。

趙兵は、小さい丘を取った楊端和の判断を逆に逃げ場がなくなって全滅すると鼻で笑う。しかし、犬戎の王・ロゾの見解は違った。

犬戎の王・ロゾは、山の民が山を取ると侮れない動きをすると軽視しない。

タラ族に一斉五射を命令する楊端和 | キングダム

タラ族に一斉五射を命令する楊端和 | キングダムより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です