はじめの一歩 1193 “至近戦” 激怒する一歩

迫り来る一歩 | はじめの一歩

迫り来る一歩 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1193話ネタバレストーリー・あらすじ「至近戦」
  2. はじめの一歩 第1193話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1193話ネタバレストーリー・あらすじ「至近戦」

ゲバラのパンチで一歩はガードをこじあけられた。

再度ガードするには間に合わない。

鴨川会長も一歩自身もゲバラのパンチを受ける覚悟を決める。

ゲバラの右ジャブ | はじめの一歩

ゲバラの右ジャブ | はじめの一歩より引用

ゲバラのジャブを何発も貰う一歩。

観客からはポイントとられると悲鳴が上がる。

離れた距離だと一歩に分が悪いと接近するように指示を出す鴨川会長。

ゲバラは冷静に、後退し、一歩のパンチを空振りさせ、自分のパンチを当てにいく。

ゲバラは必死に防衛ラインを死守する。

距離を保ちたいゲバラ側。距離を縮めたい一歩側。

一歩のパンチはゲバラに届く。遠距離でガードしているのに、一歩のパンチの破壊力は凄まじい。

ゲバラのセコンドはタオルを強く握り締め投げようとするもゲバラは、血を飲み耐える。

反撃するゲバラだが、パンチに力がなくなって着ていることを一歩は感じる。

これならいけると一歩は、ゲバラにダッシュする。

クロスアームブロックで突進する一歩 | はじめの一歩

クロスアームブロックで突進する一歩 | はじめの一歩より引用

クロスアームブロックをしながら突進する一歩。

ゲバラのジャブを弾いて、突進し、そのまま右ボディ打ちをゲバラに決める。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です