はじめの一歩 1193 “至近戦” 激怒する一歩

悶絶するゲバラ。

その間に、一歩は、ステップイン。

入った瞬間に新型デンプシーロールが発動する。見てるものは誰もがそう思った。

ゲバラの渾身の右フックをかいくぐりインファイトに持ち込んだ一歩。

ゲバラのセコンドもタオルを投げようとする。

しかし、倒れたのは一歩だった。

二度目の転倒をする一歩 | はじめの一歩

二度目の転倒をする一歩 | はじめの一歩より引用

転倒する一歩。

先程の、スリップかと落胆する観客。

レフェリーは、カウントをとりはじめる。

一歩がダウンしたことに観客は悲鳴をあげる。

城内がブーイングに包まれる。

一歩は立ち上がり、ファイティングポーズをとる。

板垣もスリップなのにダウンをとったことに抗議しようというも、抗議はしない。足が絡む前に右フックがわずかに触れていたことをレフェリーも鴨川会長も見逃さなかった。

ゲバラのセコンドは、この機会に深呼吸をしろとゲバラに指示する。

ゲバラが我に返ったときには、一歩が突進してきていた。

ゲバラは右ジャブの弾幕をはるも、一歩は強引に突進する。

自分に怒りを覚える一歩 | はじめの一歩

自分に怒りを覚える一歩 | はじめの一歩より引用

一歩は、怒っていた。

一歩の右のロングフック | はじめの一歩

一歩の右のロングフック | はじめの一歩より引用

一歩は、右のロングフックをゲバラのガードごとヒットさせ、ゲバラをコーナーへと追いやる。

コーナーに追い詰めたゲバラを追いかける一歩。

ゲバラをコーナーに追い詰める一歩 | はじめの一歩

ゲバラをコーナーに追い詰める一歩 | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です