キングダム 530 “必殺の別働隊” 王翦の必殺の別働隊vs李牧の必殺の別働隊

飛信隊の存在を知った楽華隊の蒙恬は、おいしいとこ取りは、楽華隊のオハコなのにと飛信隊に負けじと紀彗軍を攻める。

麻鉱軍本陣では、麻鉱の部下が王翦の本命は飛信隊だったのかと落胆するも麻鉱は否定する。

王翦の戦術の解釈をつける麻鉱将軍 | キングダム

王翦の戦術の解釈をつける麻鉱将軍 | キングダムより引用

どの軍も本命になりえるほうが敵にとって最も恐ろしい。そういう戦術だと王翦を擁護する。

そして、麻鉱は、自分の軍も紀彗の首を取るべく、攻撃の手を強める。

飛信隊が防衛ラインを突破して、紀彗に迫る。

続いて、楽華隊も防衛ラインと突破してくる。

紀彗の部下は、本陣を捨てて後退するか。本陣を捨てるなら馬呈軍も同時に後退しないと孤立すると言い争いをはじめる。

紀彗は、本陣を捨てず、ここで飛信隊を迎え撃つと決断する。

部下は紀彗に再考を求めるも紀彗は本陣を動かさないと再度命令する。

窮地に立たされているのは紀彗軍だけではないと言い切る紀彗。

必殺の別働隊を用いるのは王翦だけじゃないという紀彗。

必殺の別働隊として自ら麻鉱将軍の首をとりにくる李牧 | キングダム

必殺の別働隊として自ら麻鉱将軍の首をとりにくる李牧 | キングダムより引用

その言葉通り、麻鉱の背後から秦軍ではない別働隊が現れた。

李牧本人が麻鉱の首を取る。

キングダム 第530話ネタバレ感想・考察

戦局に衝撃というは、麻鉱の首がとられたことだったのか。

背後から接近する李牧の存在を間近にくるまで気付きもしない麻鉱将軍 | キングダム

背後から接近する李牧の存在を間近にくるまで気付きもしない麻鉱将軍 | キングダムより引用

丘上ではないから見晴らしが良いとは言えなかったとしても、さすがに背後から首取られるほどに接近してきた敵軍に気付きもしない麻鉱将軍は無能すぎじゃないか?おじいちゃんなのか。というか、万の兵の目をかいくぐる李牧の部隊て光学迷彩でも装備して透明にでもなってるのかな。

2017年9月7日発売 今週のヤングジャンプ「キングダム」を読んで。

キングダム 概要

中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く戦国ロマン漫画。信は飛信隊とともに成長し、大将軍へと登りつめる。

キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

週刊ヤングジャンプは、毎週木曜日発売の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・力・権力(からの解放)」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高いマンガ誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。


キングダム 530 “必殺の別働隊” 王翦の必殺の別働隊vs李牧の必殺の別働隊」への2件のフィードバック

  1. クイーンダム

    実は王扇将軍も自分から出撃してて
    キスイを撃ち取るとか?
    最大の衝撃というわりに弱い気もしますので。

  2. soz 投稿作成者

    >クイーンダムさん
    確かに。確かに。
    麻鉱がやられるぐらいだと読者的な「最大の衝撃」には弱い気がします。
    飛信隊にキスイを討たせようとさせて、李牧を誘い、
    オウセンと李牧の直接対決だったりして。
    オウセンは、レンパとの戦いでもウラのウラをとってたし、
    その後、レンパに更にそのウラをとられて悠然と退却していったけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です