はじめの一歩 1194 “焦燥” 減ページのお詫び

一歩は、新型を見せられるチャンスをみすみす見逃したことを悔やむ。

鴨川会長は一息ついて、また最初からやり直しだと、一歩にジャブをかいくぐる距離感の話をする。

鴨川会長は新型にこだわる必要はないと念を押す。

はじめの一歩 第1194話ネタバレ感想・考察

三度目の減ページのお詫び。今回は8ページだった。一歩は毎週楽しみにしているけど、森川ジョージ先生は一度、長期に休暇をとられたほうが良いのではないでしょうか。回復してから連載再開のほうが良いのではにかと思う。

減ページのお詫び | はじめの一歩

減ページのお詫び | はじめの一歩より引用

このまま、減ページがお詫びがなくなって、通常連載が7、8ページになってしまうと悲しい。まずは、体調がよくなってほしいと思います。

一歩のパンチの怖さで体が拒否するゲバラ | はじめの一歩

一歩のパンチの怖さで体が拒否するゲバラ | はじめの一歩より引用

ゲバラは一歩のパンチの怖さを身に染みて、体が反応しないのだから、これ以上の抗戦はないんだろうなと思う。

ゲバラのセコンドがタオルを投げる瀬戸際 | はじめの一歩

ゲバラのセコンドがタオルを投げる瀬戸際 | はじめの一歩より引用

あと、一発クリーンヒットもらったら、ゲバラのセコンドもタオル投げるだろうし。

2017年9月13日発売 今週のマガジン「はじめの一歩」を読んで。

はじめの一歩 概要

はじめの一歩は、母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門してプロボクサーを目指し、活躍するボクシング漫画。

はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

週刊少年マガジンは、毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。

古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。


はじめの一歩 1194 “焦燥” 減ページのお詫び」への1件のフィードバック

  1. 一歩いっぽ

    一歩が打たれ弱くなってる描写、なんなのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です