キングダム 421話感想 狙われるのは政の子供

キングダム

(キングダムより引用)

キングダム 概要

中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く。

キングダム 今回のあらすじ

昌文君・壁の隊と合流した昌平君・介億隊。昌文君は昌平君に感謝をするが、王宮内での勢力争いは咸陽の戦いの結果の委ねられると応える。呂不韋の「天下」発言に驚いたという昌文君に十数年使えてきた昌平君も驚いたという。政の護衛に軍隊を置き、昌文君、昌平君隊は咸陽へと向かった。

咸陽では、数で劣る飛信隊たちはまだ咸陽の外壁まで到達できていなかった。そんななか、別の門が開かれて敵を招き入れる。昌平君の近衛兵も数がいるわけでもなく、敵将は悠々と城内に入り、王族、しかも政の子供を○害しようと狙っていた。

キングダム 今回の感想

はい。今度も飛信隊と蕞民兵が政のために○力を尽くしてくれるんでしょうね。熱い戦いが始まるよ。

昌平君は王宮の争いを「咸陽の戦いの結果にゆだねられる」というが、物語的にはもちろん阻止するが、政さえ生き残っていれば、御子はまた生めばいいし、呂不韋の陰謀が明るみにでたことでもはや勝負は決しているのではないか。それとも呂不韋の権力は、政が生きていて、かつ公に謀反を起こしている状態でも王族が皆○しになれば呂不韋に傾くということなのか。

呂不韋が「天下」発言をしたとしても「王様」になりたい呂不韋にとっては、政をまつりあげるのは選択肢としてはナシなのではないだろうか。ん?呂不韋は、「王」になりたいんだっけ?一国の主として昇りつめたいという願望は商人気質やいまどきのアッパー志向の人間だからで「王様」には固執していないのか。だとするなら、政と共に「天下統一」も面白いことだと思うけど。呂不韋は「面白い」ことを重点においてきているから。

そういえば、「王様」になりたいやついたよね。王翦。彼はどうなんだろう。史実だと、信が将軍になって楚を攻略するときの大失敗の尻拭いをしたり、その時には既に爺で現役を引退してたりと「王様」になりたい的な話は聞こえてこないけど、どうなんだろ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です