ゴールデンカムイ コミック2巻感想 第七師団に捕まった杉元

ゴールデンカムイ アシリパ レタラ

(ゴールデンカムイより引用)

ゴールデンカムイ 概要

日露戦争で戦○した親友の願いを叶えるため、大金を求める元軍人・杉元はアイヌの遺した金塊の手がかりを求め、一攫千金を夢見て北海道の地を訪れる。知り合ったアイヌの少女とともに警察や競合者たちの追跡をかわしながら、手がかりを追い求める。

ゴールデンカムイ 今回のあらすじ

第七師団の一人をやっつけた杉元とアシリパは、すぐにやってくる第七師団の追手を振り切るために2手に別れる。アシリパには谷垣が追い、残りの3人が杉元を追う。

谷垣は元マタギということもあり、アシリパが講じた「止め足」も見破ってしまう。見つかったアシリパは杉元に言われたように抵抗しなかったが、刺青人皮を見られ、問い詰められる。その時、白い狼のレタラがアシリパを助け、谷垣の脚を骨折させる。

一方、杉元は3人に囲まれ、絶体絶命のピンチだったがヒグマの巣穴を見つけ、アシリパから教えてもらった「ヒグマは巣穴に入ってきたものは○さない」というアイヌの知恵を信じて穴の中へダイブする。そんなアイヌの知恵を知らない第七師団は出てきたヒグマにやられる。

合流した杉元とアシリパは、アシリパの村に向かった。そこで少し休憩をとる。村人から愛されていたアシリパをみて、早朝杉元は一人で村を後にした。

街で女の子館の男から刺青の男の話を聞き、蕎麦屋で待っていると蕎麦屋の女将が密告して第七師団がやってくる。杉元は立ち回ったが多勢に無勢。捕まってしまう。そこで鶴見中尉の尋問を受ける。

ゴールデンカムイ アシリパ レタラ

(ゴールデンカムイより引用)

ゴールデンカムイ 今回の感想

金塊を追っているのは杉元とアシリパ以外に、脱獄囚を仕切っていた囚人新撰組副長土方歳三と陸軍最強と謳われた北海道の第七師団。

杉元とアシリパは金塊の話を最初にした男と、小樽で刺青のことを聞き込みしたせいで尾行してきた男の2人の人皮の刺青を手に入れた。

脱獄王白石の刺青は逃した。

刺青がある囚人は全員で24名。作中には、土方を含め5名しかでてきていない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です