ゴールデンカムイ アシリパゴハン『カジカのキナオハウ』

ゴールデンカムイ アシリパゴハン『カジカのキナオハウ』

(ゴールデンカムイより引用)

ゴールデンカムイ アシリパゴハン概要

ゴールデンカムイで登場する極寒の北海道で培われたアイヌのサバイバルでの食事の知恵をアイヌの娘・アシリパが紹介。アシリパ以外でもニヘイゴハンなどサバイバル飯が登場する可能性も。

ゴールデンカムイ アシリパゴハン『カジカのキナオハウ』

アシリパのコタン(村)に帰った杉元たちは、アシリパのフチ(祖母)にキナオハウ(野菜がたくさん入った汁物)をふるまわれる。ラウォマプという川魚用の罠でカジカを穫ってくる。冬のカジカは脂がのっていて濃厚でコクのある出汁ができる。

カジカは、石川県ではゴリ料理として有名。石川県のゴリは佃煮にして食べられている。石川県出身だけど、ゴリの佃煮はあんまり好きじゃないw

ゴールデンカムイ アシリパゴハン『カジカのキナオハウ』

(ゴールデンカムイより引用)

キナオハウ 材料

  • カジカ
  • 大根
  • 人参
  • ジャガイモ
  • ほうれん草
  • 昆布

キナオハウ 作り方

  1. カジカを塩焼きにしておく。
  2. カジカで出汁をとり、野菜を入れる。
  3. 火が通ったところで塩焼きにしておいたカジカをいれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です