よつばと! 81-82話感想 よつばのキャンプ

よつばと!

(よつばと!より引用)

よつばと! 概要

女の子「よつば」と父親の親子が引っ越してきた。女の子がはじめて体験する出来事を描き、よつばに振り回される周りの人達の日常を描いたハートフルコメディ。

よつばと! 今回のあらすじ

ジャンボたちとキャンプにいくことになったよつば。父親、えな、みうら、ジャンボ、よつば。5人でいくかと思ったら、よつばが苦手なやんだも行くというのでよつばは車中、ずっとムッとしていた。しかし、やんだがマジックで瞼に目を書き、目をつむっても目が開いてるという芸をして一発でよつばの心を砕かせた。

キャンプではテント作りも楽しい。みんなで寝転んでテントを張る位置を決めたりして楽しむ。初めてできたテントは秘密基地のようで楽しい。そして、ジャンボが作ったハンモックにみんなが乗りたがる。

お昼ごはんはカレー。カレールーのほうを子供たちに作らせる。その後、散策してまわることにしたよつばたちはえながどんぐりで作ったネックレスを羨ましがり、キレイなどんぐり見つけて作ろうと。どんぐり探しになった。

テントに帰ったら、マシュマロ焼いて食べて、夕食はバーべキューで楽しんだ。初めてのテント、初めての寝袋でちょっと寂しくなったよつばは父親にトントンしてと甘える。

よつばと!

(よつばと!より引用)

よつばと! 今回の感想

娘もまだ一人だと寂しくで寝られないという。トントンはしなくてもいいけど、横で寝ていて欲しい。ウチも今年はキャンプに行って、いろいろ体験させたい。よつばと!は子供がいるとホントさせたいことをストレートにさせていて良い。そして、普通なら汚くなるからダメ。危ないからダメ。というところを容認しているの大人たちがいい。

よつばと!

(よつばと!より引用)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です