キングダム 426話感想 文官の発想の域を出ない為政

キングダム

(キングダムより引用)

キングダム 概要

中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く。

キングダム 今回のあらすじ

呂不韋の為政構想を聞いて政は「所詮、文官の発想の域を出ないものだ」という。今の世の延長線上でしかない呂不韋の為政は、「富」で各国とつながろうとしても、各国が力をつけきったところで再びより大きい戦争期間へと突入するだけだと。500年続いた戦争時代がそのまま続くだけだと。

呂不韋は戦争を終わらせる道は妄想の道だという。争いは人の本質であり、それを否定することは人を否定することだと。

政は反論する。呂不韋の人に対する本質を見誤っていると。欲望におぼれ、あざむき、憎悪し○す凶○性や醜悪さも人間の持つ側面だ。しかし、本質ではない。争いがなくならぬと思い込み、そのなかで最善をつくそうとしているがそれは前進ではなく、人へのあきらめだ。と。そこに気づかぬから中華は500年戦争を続けている。

呂不韋はそこまでいう政の「人の本質」を聞くのが楽しみだった。邯鄲で受けた人の闇を経験した上での空虚な綺麗事ではない答えを聞かせてもらおうと。
政は帽子を脱ぎ、昔を思い出す。そして、人の持つ本質は「光」だという。

キングダム 今回の感想

あれ?人の本質は「光」。科学的な意味じゃないよね。

光、光、希望の光、ナニナニの光、前向きな未来に向いて歩めるのが人間の本質ということだろうか。

いや、待て。

戦争を終わらせるためにすべての憎悪を背負うつもりの政。戦争を終わらせるために憎まれ役になってもいいぞということだよね。

みんな、見誤っているから戦争が終わらない。

政はシカ(名前忘れた)の行為に光を見たのか。その光があれば自分の光になれると気づけるということか。

その光は、呂不韋の言った文官的構想の為政よりも良くなる可能性があるということなのだろうか。

赤の他人でも身を挺して力になれる。

このロジックでいくと蕞の民兵も光だったのだろうか。

うーむ。わからん。次号楽しみにしていよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です