ダンまち 3話感想 チート武器ヘスティアナイフ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 概要

広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、駆け出しの冒険者となった少年ベル・クラネルは、ある日ダンジョンで場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 今回のあらすじ

ベルの祖父は、山でモンスターにやられ、深い谷に落ちていったという。そのことからベルは冒険者になると決意を決める。しかし、弱いベルを仲間として受け入れてくれるファミリアはいなかった。そこに現れたのがヘスティアだった。

闘技場のガネーシャ・ファミリアがモンスターが逃げたことを知り、逃げた9匹のモンスターを追って討伐隊を送る。他のファミリアにも協力を乞う。

闘技場から逃げたモンスターに追われているベル。もう家族を牛なくないと、ヘスティアを逃がす時間稼ぎをするために、ベルはモンスターに立ち向かっていく。しかし、短剣が折れ、逃げるしかないベル。追いつめられるもヘスティアが逃げる時間稼ぎになったのならと。こんな時、ミノタウロスに教われてアイズに救ってもらったことを思い出す。

その時、ヘスティアが現れる。標的がヘスティアにかわったことでベルは、ヘスティアをかばう。モンスターの攻撃を受けて、二人とも吹っ飛ばされる。ベルはなぜ逃げなかったかとヘスティアに問う。逃げなければ二人ともやられてしまうと。モンスターは追いかけてくる。ヘスティアを抱きかかえて逃げるベル。ベルの機転で隠し通路に逃げ込む。そこで、ヘスティアは新しい武器ヘスティアナイフを渡す。ヘスティアはベルのステータスを更新し、ヘスティアナイフを渡す。

ベルは素早い動きでモンスターの背後に回る。繰り出されたパンチもナイフで受け止める。さっきまで、受け止めるどころか持ってた武器が折れて吹っ飛ばされていたベルは自分でも信じられないでいた。

ヘスティアナイフは、初心者冒険者ように作った武器。使い手が成長すればするほど強くなるナイフ。

そして、モンスターの心臓を貫き、倒した。ベルもヘスティアも喜び、周りの住人も二人に祝福をする。喜びもつかの間、ヘスティアは気を失ってしまう。

シルの働く店のベッドを借りてヘスティアを横たわせる。シルは、モンスターを戦っている姿をみて、見惚れたとベルに告白する。起きたヘスティアにかけよるベル。ヘスティアナイフを改めてみたベルはその鞘にヘパイストスのサインがあることを知り、驚愕する。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 今回の感想

ベルの祖父。生きているのではないか。と予想。

ヘファイストスもこんな武器つくらせるなといっていた設定「使用者のレベルアップに合わせて武器も強くなる」は相当なチート武器になるんじゃないだろうか。初期から最後まで使える武器になるということに…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です