アイアムアヒーロー 211 自分の言葉で告白する英雄

アイアムアヒーロー 英雄 比呂美

(アイアムアヒーローより引用)

アイアムアヒーロー 概要

ゾンビになる感染病が蔓延するなか平凡な日常が崩壊していく様を描いたホラー漫画。作品中では「ゾンビ」という言葉は直接使われていない。でも「ZQN」は使われている。

アイアムアヒーロー 今回のあらすじ

小屋の中で比呂美は下着姿になる。英雄は「はじめようか」と声をかけるが比呂美は少し押し黙る。英雄も強く押さず比呂美の様子を伺っていると「確認だけど」と切り出す。比呂美は付き合うということでいいのかと。英雄は比呂美がOKならOKだと。比呂美ははっきりと英雄の言葉で確認したいという。英雄も告白は生まれて初めてだからと照れるが、少し凛々しくして比呂美に告白した。また少しの沈黙が続く。その後、比呂美は「よろしくお願いします」と返事をする。

英雄は順番が逆でと謝れば、比呂美はめんどくさくてと謝る。英雄はむしろ好きだという。英雄は理論武装で価値観や固定概念などの話を言い出すが結局は好きだからに落ち着く。

アイアムアヒーロー 今回の感想

ものすごい大きいやつが近づいてきてる。あの巨大なやつは「海」を目指しているのか、それとも英雄たちを目指しているのか。。。

英雄「背中痛くない?」
比呂美「うん。英雄くん、やさしい」
英雄「あー、最初だけだよ」
比呂美「サイテー」
とか、もう仲良しだよね。

2015年5月11日発売 週刊ビッグコミックスピリッツ24を読んで


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です