キングダム 432 一撃必○戦術「包雷」が戎翟公の首を捕らえる

昌平君 キングダム

(キングダムより引用)

キングダム 今回のあらすじ

昌平君の一撃必○の戦術「包雷」によって退路を断たれ、昌平君の突撃部隊を待つ敵将。後ろで壁を作るテンがいる尚鹿軍も必○に壁を維持しようとしている。逃げ道がなくなった敵将・戎翟公ワテギ。昌平君はここで更に檄を飛ばし、兵士の士気をあげる。

戎翟公の配下たちは、左右どちらかに退路をというが、戎翟公ワテギは退路はないと断言する。もし、脱出できたとしても背を討たれると。戎翟公ワテギは「常に最強の男が王になる」「今の王の力を信じるか」と配下に問い、活路は後ろではないと決意をし、戎翟公ワテギの本陣は兵を従え、突撃してくる昌平君に向かって進軍を始める。

信の飛信隊は、城壁の外にでてきたところだった。

一撃必○戦術「包雷」の破り方

(キングダムより引用)

左右、後ろを壁で固められた戦術「包雷」から脱出するには、中央の主攻を向かってすり抜けるのが唯一の手。敵将もなかなかと介億はいうが、昌平君は蛮勇だという。

昌平軍の兵と戎翟公ワテギの兵は正面衝突でぶつかり合い流れが乱れる。戎翟公ワテギは昌平君の兵たちの強さを見て、重臣たちに、もし自分が討たれたらなんとしても逃げ延びて次の戎翟に100年後にまた戎翟の血をたぎらせるようにと言い残し、昌平君に挑む。

昌平君は、戎翟公ワテギの腕を狙い、飛ばす。矛をふれなくなった戎翟公ワテギはあっさりと首を取られてしまう。そして、介億は戎翟公ワテギの首を掲げ、勝ちどきをあげる。

戎翟公 キングダム

(キングダムより引用)

キングダム 今回の感想

昌平君、ひと汗もかいてないw どんだけ圧勝なんだ。汗かいてないのは介億もだけど。これで、外の反乱軍は烏合の衆になり、投降なり、殲滅なりできる。城内の反乱軍も指揮官がいなくなっているので掃討するだけだろうから、反乱はこれで事実上終了になるだろう。

2015年5月21日発売 ヤングジャンプ25を読んで

キングダム 概要

中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く戦国ロマン。信は飛信隊とともに成長し、大将軍へと登りつめる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です