七つの大罪 128 強力な魔力も喰らい消すホークママの正体とは

「メリオダス」七つの大罪

「メリオダス」七つの大罪より引用

七つの大罪 概要

七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 今回のあらすじ

<十戒>と闘うディアンヌを助けにホークママに乗って移動するメリオダス。メリオダスはホークママにストップを呼びかける。キングも感じるとてつもない大きな気配が3つ。<十戒>側は、ガラン、モンスピート、そして見覚えのない魔力。メリオダスは警戒していた。

「ディアンヌ」七つの大罪

「ディアンヌ」七つの大罪より引用

マトローナは、ディアンヌと同じ巨人族。マトローナを見たディアンヌは涙を流す。マトローナはディアンヌに不意を突き、気絶させ、肩に担ぐ。

「マトローナ」七つの大罪

「マトローナ」七つの大罪より引用

石でおにぎりのように固められたガランが自分の周りの石を吹き飛ばしてワクワクしてきたと興奮する。というと二人の巨人族の姿がなかった。ガランは「瞬間移動」かとも思ったが巨人族にそのような高等魔術は使えないだろうしと思う。

ガラン「惨散斬」七つの大罪

ガラン「惨散斬」七つの大罪より引用

「惨散斬」

ガランは槍を地面に突き刺し、飛び上がり衝撃波を地面の奥底まで到達させる。モンスピートがメリオダスたちの気配を察知する。○気を向けられたメリオダスたちは感じる。

モンスピート「惨散斬」七つの大罪

モンスピート「惨散斬」七つの大罪より引用

「獄炎鳥」

男は炎の鳥を呼び出し、メリオダスたちのほうへ飛ばす。獄炎鳥は、通り過ぎるありとあらゆるものを燃やし尽くす。

ホークママに方向転換をして全速力で移動するようにいうも獄炎鳥は追尾してくる。メリオダスは自分のフルカウンターなら回避できるが位置を教えることになる。しかし、回避しなければ一環の終わりだと剣を抜く。

ホークママは方向転換して獄炎鳥のほうに向かっていく。そして、獄炎鳥をパクリと食べてしまう。モンスピートは困惑するも仕方なく思う。ガランのほうは槍に血がついているが地面から浮上する気配もないことで両方○んだかと思う。

ガランたちから遠く離れた場所の地面から這い出てくるマトローナとディアンヌ。

一難去ったメリオダスたち、マーリンがメリオダスに進路方向の変更を提案する。キングはディアンヌのことで抗議するもマーリンは自分の分析ではディアンヌは無事だという。進路変更は、<十戒>と戦うために力をつける。そのためにマーリンが過去にメリオダスから奪った力を戻すという。

「メリオダス」七つの大罪

「メリオダス」七つの大罪より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です