黒博物館ゴーストアンドレディ 28 最終話 ○して初めてのキス

絶望するフロー|黒博物館ゴーストアンドレディ

絶望するフロー|黒博物館ゴーストアンドレディより引用

黒博物館ゴーストアンドレディ 概要

黒博物館ゴーストアンドレディは、近代看護教育の母であるナイチンゲールと元決闘士の幽霊とがクリミア戦争を舞台に看護と霊との戦いを描く英国伝奇アクション漫画。

黒博物館ゴーストアンドレディ 今回のあらすじ

デオンと刺し違えたグレイ。消えていくグレイにナイチンゲールは叫ぶ。ナイチンゲールは、グレイが消えてなくった今、グレイが約束を守ってくれないことを嘆く。「絶望」したとき取り○すという約束。ナイチンゲールは今まさに「絶望」していた。

ホールの笑い声がこだまする。ナイチンゲール本人は○せなかったが、ナイチンゲールが大事にしていた守り神をデオンが○してくれたと喜ぶ。

銃を構えるフロー|黒博物館ゴーストアンドレディ

銃を構えるフロー|黒博物館ゴーストアンドレディより引用

ナイチンゲールは、落ちている銃を拾い、ホールに向ける。ホールはいままでクズの命を救ってきたお前が○せるわけがないというもナイチンゲールは怒りに○走する。ホールはクリスチャンが人を○せば地獄に堕ちるというも、そうしたらグレイに会えると涙を流すナイチンゲール。

フローとホール|黒博物館ゴーストアンドレディ

フローとホール|黒博物館ゴーストアンドレディより引用

そして、ホールの命乞いも空しく、ナイチンゲールの持つ銃からは弾が放たれる。

それと同じに今度はホールの後ろから弾丸が飛んでくる。その弾丸はナイチンゲールの撃った弾丸と正面でぶつかり合い、互いの弾丸は潰れ、止まった。ボブだった。ボブが銃を撃ったのだ。

しかし、ボブの声ではなくグレイが憑依して撃った。ナイチンゲールは涙しながら行かないでと懇願するもグレイは眠るだけだと去っていく。

現代に戻ってグレイはキュレーターに話を終える。そして、グレイは「かち合い弾」を貸してほしいという。忘れてしまったかもしれないが54年ぶりに会いに行くからと。

90歳になったナイチンゲールは、立つどころか目も開かなくなっていた。地獄、地獄といえばクリミア戦争だった。あの時が一番輝いていたそんな地獄にいけるなら、そして何より彼が…

マクベスの言葉を引用したセリフが聞こえる。グレイが姿を現した途端、ナイチンゲールは喜び起きる。周りに太ってはいけないといっていた自分が太りやがってと憎まれ口を叩くグレイ。

グレイはサムシング・フォーをプレゼントしにきたという。

「新しいもの」は、ナイチンゲール自身が作り出した「新しい医療体制と看護方法」

「古いもの」は、グレイ。

「青いもの」は、青い空。

「借りたもの」は、かち合い弾。

悲劇の女優にならなくていいから、そのまんまで生きて良しと許した証拠だとグレイ。

そして、ナイチンゲールに天からの光が差し込む。グレイは一緒にいけないという。ナイチンゲールは涙ながらに一緒にいてくれるのではないのですかと聞くもグレイは歯を食いしばるも涼やかな顔で、「イイ女の誘い…惜しい…けどまだこっちで見てえ芝居があるんでよ」と笑う。ナイチンゲールな涙を流しながらキスをする。

グレイとフローのキス|黒博物館ゴーストアンドレディ

グレイとフローのキス|黒博物館ゴーストアンドレディより引用

黒博物館ゴーストアンドレディ 今回の感想

最後、ナイチンゲールは○んで天に召される瞬間だからこそ、初めてグレイと触れ合うことができた。第三者からみたらグレイを「○神」と思うかもしれない。グレイが来てから生身の身体からの解放になったのだから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です