闇金ウシジマくん 377 肉蝮伝説

肉蝮|闇金ウシジマくん

肉蝮|闇金ウシジマくんより引用

闇金ウシジマくん 概要

闇金ウシジマくんは、10日5割の超○利闇金融『カウカウファイナンス』の営業者・丑嶋馨の日常と、カウカウファイナンスに訪れる客およびその関係者の様々な人間模様と社会の闇を描いたストーリー。

闇金ウシジマくん 今回のあらすじ

肉蝮がマサルに電話をしてきた。獏木に誰からだと問い詰められるマサルは地元のダチからだという。電話をとらないマサルに怒りのメッセージを送る肉蝮。

夜、コンビニから出てくる男女に嗜好品の吸殻を投げつける男二人組み。何か文句あるなら言えと絡んでくる。女は行こうと男二人組みから男女は去っていく。二人組みの一人がコンビニで買い物をするため入っていく。そこに肉蝮が「金を貸してくれ」と声をかけてきた。肉蝮は、男が作っていたサイズラーメンを勝手に食べだす。怒った男は知り合いの薮蛇組の最上を呼ぶと脅すも肉蝮は知らないと爪楊枝で攻撃する。金を下ろして来いと命令する肉蝮の言うとおりにするも最上を呼んでやると叫ぶ。店内にいた仲間が肉蝮を見て、やめたほうがいいという。

肉蝮は刑務所に入るたびに全国の組から差し入れが入るぐらいの有名人。理由は組員をいじめないでくれという意味という都市伝説があるぐらいの人間だという。地元で無敵だった獏木も目をやられたという話だった。

金を渡して謝ると肉蝮もむしゃくしゃしててという。マサルという友人が無視されて、丑嶋馨をぶっ倒すと約束した仲なのにという。マサルと丑嶋という名前を聞いたが、まずは獏木に連絡して復讐の手助けをしようとする子分。

獏木 マサル|闇金ウシジマくん

獏木 マサル|闇金ウシジマくんより引用

闇金ウシジマくん 今回のネタバレ感想

獏木には悪いけど、ハブからすれば味方か。マサルもいるし、味方になれば強い戦力。だと思うけど、おそらくハブからすれば自分で丑嶋を始末できなくなるのはいやだから肉蝮はむしろ邪魔な存在になる可能性が高いし、肉蝮からすれば「仲間」なんてきっと考えないだろう。どこまでも自分が一番頂点だろうから、結局、どちらが先に丑嶋をやるかというレースになるのではないか。そうすると、敵視している獏木は獏木の思うように行動をとればいいのだけど、マサルはどうなるか。内心、会いたくないやつだから、獏木と目的は一緒になるだろうか。そうすると単純に勢力が3つになる構図。

2015年6月29日発売 今週のスピリッツ31号「闇金ウシジマくん」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です