アイアムアヒーロー 215 比呂美の今の心情

比呂美と英雄|アイアムアヒーロー

比呂美と英雄|アイアムアヒーローより引用

アイアムアヒーロー 概要

ゾンビになる感染病が蔓延するなか平凡な日常が崩壊していく様を描いたホラー漫画。作品中では「ゾンビ」という言葉は直接使われていない。でも「ZQN」は使われている。

アイアムアヒーロー 今回のあらすじ

巨大な何かから逃げ出そうとする英雄と比呂美。いつものように自転車の後ろに座った英雄は、比呂美に運転をお願いするも「座れない」という。理由をいわないといけないのと聞かれて英雄は素直に謝る。

そうこうしている間にも巨大な何かは何かのうめき声を上げている。英雄はこの場から去らないと危ないと思い、自分が運転するという。銃を比呂美に任せて、振り落とされないようにと力強く漕ぐ英雄。

比呂美は二人乗りできるじゃんというもギリギリだという英雄。砂利で滑りながらも懸命に自転車を漕ぐ英雄。海岸線沿いを走る英雄と比呂美。米軍の軍艦が座礁しているのを見つけ、米軍でもダメかと思う二人。

巨大な何かも移動し、それに会わせてZQNたちも集まってきている。

英雄は必○に漕ぐ。英雄は比呂美に何か思い出さないかというと。樹海抜けて自転車二人乗りのことと聞くと頷く英雄。

英雄たちは光に近づいてきているものの、巨大な何かも追ってきている。

比呂美と英雄|アイアムアヒーロー

比呂美と英雄|アイアムアヒーローより引用

比呂美は言う。いつ○んでもいいと。でも今は○にたくない。もっと一緒にいたいと。英雄は生きるぞと一言で力強く漕ぐ。

比呂美と英雄|アイアムアヒーロー

比呂美と英雄|アイアムアヒーローより引用

アイアムアヒーロー 今回のネタバレ感想

英雄のような人いるよね、できないことを聞いて、いわないといけないのかというと謝る。この謝るの前段階で察することできないのかな。謝ったということは察したのか、それとも臆病精神で条件反射的に「とりあえず」謝ったのか。英雄の場合は後者だろうから前段階はおろか後段階でもどんな段階でも察することはできないんだろうけど。

でも、比呂美の一緒にいたいという気持ちに一生懸命こたえてくれるだろう。そんな青春。

2015年6月29日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ31「アイアムアヒーロー」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です