七つの大罪 130 怒りをコントロールする試練

○走するメリオダス|七つの大罪

○走するメリオダス|七つの大罪より引用

七つの大罪 概要

七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 今回のあらすじ

マーリンがメリオダスから力を奪った理由はあまりにも強大かつ危険すぎたからだという。メリオダスは力を制御するために感情のコントロールが必要だった。いままで何度か○走しているがあの程度は残りカス程度だという。10年前の王国追放劇の中、七つの大罪を助けようとした少女が大怪我を負ったことでメリオダスが○走しかけたので、その隙に力を分離させたという。そうしなければリオネス王国はダナフォール同様地図から消えていたという。

メリオダスの力を取り戻すためにザネリの試練を受けることになったメリオダス。

メリオダスが立って眠っているような状態になったことでエリザベスは心配するもザネリは、エリザベスに試練を与える。病にかかった花の種が埋められている盃を渡される。水と光りでは発芽することはない。この病気の花の種をさかせることだった。

メリオダスはザネリの幻覚を最初は疑うも本当にあの頃に戻ったような気分になってきた。その瞬間、リズが○んだ場面に飛ぶ。メリオダスの感情は○走し、リオネス王国は滅びる。という悪夢を見ていたような感覚でリズに心配そうに見つめられるメリオダス。そして、ザネリの試練を理解する。怒りの抑え方を会得するまで永遠に続く試練だった。

しかし、ザネリはメリオダスの精神を心配して幻覚を解く。エリザベスは誰も責めないとメリオダスを涙で慰める。メリオダスはエリザベスの涙をみて、試練を再開するようにザネリにいう。

怒りをコントロールする試練|七つの大罪

怒りをコントロールする試練|七つの大罪より引用

七つの大罪 今回のネタバレ感想

エリザベスとリズの○を天秤にかける意地悪な試練でなかったけど、守れなかったリズの○と、これからも守りたいエリザベスの生で試練をクリアするだろう。

2015年7月1日発売 今週のマガジン31号「七つの大罪」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です