商人道(あきんロード) 32 最終回

商人道(あきんロード)

商人道(あきんロード)より引用

商人道(あきんロード) 概要

商人道(あきんロード)は、中堅の総合商社「ヒノマル物産」に勤める若手商社マン大佛晃人(おさらぎあきひと)がビッグビジネスで伝説に名を残すことを夢みて日々奮闘する企業ドラマ漫画。ヒノマル伝説の一人、常務の熊代にスカウトされて中国でのシェールガス開発プロジェクトの一員となることに。

商人道(あきんロード) 今回のネタバレストーリー

大佛晃人の首を締め上げるヂュー。そこに兄・輝人が銃を構えてやってくる。輝人は、弟・晃人の解放を要求するもヂューは、輝人の持っている銃はモデルガンだという。輝人は、本物だった場合ヂュー、ワンフェイどちらかがケガを負い事件になって騒ぎが外に知れる。もし、持っている銃がモデルガンだった場合、晃人も輝人も○されてこれもやっぱり外に知れて騒ぎになる。外に輝人のバックアップがことの成行を見守っているという。

ヂューはバックアップ自体がいないというが、輝人はそれもカケだという。ワンフェイも説得にあたる。ヂューは晃人を離す。輝人は俺の推論が当たっていただろと晃人にいうも、ヂューは晃人の個人的見解は抜きにしてもヒノマル物産との契約は進むという。そして晃人の肩に手を置くヂュー。それに反応して、晃人は兄輝人のもとへ駆け寄る。

そして、二人で外に出る。

翌朝、大佛晃人は常務に大海製作所の買収工作には中国の隠れた目的があると告白するも空母だのカタパルトなどの設計図の話を信じてプロジェクトを台無しにできないという。しかし、軍事がらみの案件は商社ではタブー。大きなスキャンダルになりかねない。そういっても常務は、陳腐化したテクノロジーだから欲しいというならくれてやればよいという。それでも食い下がろうとする晃人に平手打ちをする常務。

商人道(あきんロード)

商人道(あきんロード)より引用

晃人は常務の敵、専務の部屋に入っていき、常務をぶっつぶしてくださいとお願いする。

商人道(あきんロード)

商人道(あきんロード)より引用

常務と社長は首相官邸に呼ばれた。常務は平社員である晃人にこんなに早くできるとは思えないと焦る。

ヂューは晃人を甘く見ていた。

大海製作所では、融資の一件を見送ることを告げると困るという。晃人は政府の人間が来るので交換条件で融資を引き出すといいですよとアドバイスする。

ワンフェイからメールがきて晃人は空港へ急ぐ。晃人はワンフェイに山口百恵セレクションベストのCDを渡して別れを告げる。

商人道(あきんロード) 今回のネタバレ感想

最終的にはヒノマル物産を救う形になったがすっきりとしない終わり方だったな。。。結局、熊代常務の「スゴさ」て一切わからなかったなw

2015年7月6日発売 今週のスピリッツ32号「商人道(あきんロード)」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です