リアル コミック11 心の資質

リアル

(リアルより引用)

リアル 概要

右足を失ってから車椅子バスケに取り組む戸川清春。高校中退のバスケットボールを部活でやっていたバスケットボールを愛す野宮朋美。野宮朋美の同じバスケ部だったが交通事故で下半身不随になり、車椅子バスケに活路を見出そうとする高橋久信。この三人がバスケットボールという接点で話が展開されていく漫画。

リアル 今回のあらすじ

野宮はとうとうトライアウトに挑戦。そのトライアウトを受けてきた選手のなかで中学生の頃サインをもらった成瀬がいた。声をかけたが昔の面影はなく、敵対心剥き出しで接せられた。それでも野宮はお互い受かるように祈った。最終選考まで残った野宮は最終選考チームとレギュラーチームで試合をさせられ、プロの強さを実感させられるのだった。

タイガースは長野がつれてきた現役引退した原をリョウを鍛えるためにつれてきた。

車椅子バスケットボールの競技用の車椅子に初めて乗った高橋は、全く新しい車椅子に戸惑いながらも高揚していた。

 

リアル

(リアルより引用)

リアル 今回の感想

誰よりも心の強さを持った野宮。スキルもないからこそ頼りになるのが「そこ」だけだからこそ、この先伸びる選手になるような気がするけど、スタートラインがあまりにも低すぎるからなのか。トライアウト合格の連絡来ず。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です