フェアリーテイル 443 ブランディッシュの能力

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 概要

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)は、世界中に幾多も存在する魔導士ギルド。そこは、魔導士達に仕事の仲介などをする組合組織である。立派な魔導士を目指す少女・ルーシィは、ひょんなことから火を食べ、火を吐き、火を纏う滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)・ナツと喋る青い猫・ハッピーと出会い、彼の所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。ファンタジーバトル漫画。

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 今回のネタバレストーリー

Bチームのガジルたちは温泉に入っていた。ガジルが知る秘湯にみんなが旅の疲れを癒す。ガジルは温泉好きだった。なぜか温泉にいる一夜。この温泉はブルーペガサスが所有しているという。ジェニーはエバーグリーンと仲良くやっているという。フリードもビックスローも人気でブルーペガサスで人気になりつつあるという。雷神衆がブルーペガサスにと。ガジルはせっかくのサプライズを先にバラされて不満。一夜のしゃべりはとまらずガジルのサプライズがどんどん減っていく。そして、温泉お決まりのアクシデントが。

ブランディッシュ | FAIRY TAIL(フェアリーテイル)

ブランディッシュ | FAIRY TAIL(フェアリーテイル)より引用

一方、ナツたちは、スプリガン12の一人ブランディッシュ・μと対峙して魔力の巨大さにおののく。ブランディッシュはスターマンゴーが食べたいと島に入っていく。しかし、スターマンゴーの店は、マリンたちに破壊されていた。理由を求めるブランディッシュ。マリンはナツたちのせいにする。ブランディッシュはため息をついてスターマンゴーを諦める。マリンはナツたちのことを報告するもブランディッシュは興味がないという。マリンの合格したモノたちを返すようにもいう。言い訳をするマリン。

ブランディッシュは、足をザムと地面を踏むと地面が揺れ、地面が持ち上がり、島の形が変わってしまった。ブランディッシュは同じことを二度言わせないでと。マリンははいと返事し、ルーシィとエルザを出現させる。マリンはこのまま帰ったのでは不合格だというとブランディッシュはそんなことには興味がないと帰ろうとする。

そこにナツが止めようとする。仲間が一人やられていて黙っているわけにはいかないと。するとブランディッシュはマリンを消した。これでこちらも仲間が一人失っておあいこだという。

ブランディッシュ | FAIRY TAIL(フェアリーテイル)

ブランディッシュ | FAIRY TAIL(フェアリーテイル)より引用

めんどくさいことが嫌いだというブランディッシュはスパイも合流してたやつも始末したことにしとくからアラキタシアには近づくなと警告する。そして、マカロフは生きていると教えてくれる。

そして、一瞬のうちに島が消えて海となる。島の住人は全員海に落ちる。ブランディッシュの力だ。この程度の力の魔道士が12人いるから適わぬ戦はしないことね、フェアリーテイル。というブランディッシュ。

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 今回のネタバレ感想

マリンが強いからどうやって攻略するのかと思ったら、ブランディッシュがやっつけてしまった。

ブランディッシュの使った力

・地面を競りあがらせる
・地面を消す
・マリンを消す

地面をせり上げているから地震系かとも思うが案外マリンと同じようなものだったりして。地面をせり上げたのも地層に少しずつ土を出現させていったとか。

もしくは幻術。幻術てことはないか。

2015年7月8日発売 今週のマガジン32号「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」を読んで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です