リアルアカウント 29 『ぜつぼうのくに』の真実

『ぜつぼうのくに』の真実を知る蔵科ミズキ | リアルアカウント

『ぜつぼうのくに』の真実を知る蔵科ミズキ | リアルアカウントより引用

リアルアカウント 概要

国民的SNS『リアルアカウント』。主人公たちは、ある日突然にSNSの世界に吸い込まれ、「フォロワー0で即○亡」「中の人が○ぬとフォロワーも即○亡」というルールの下、理不尽なゲームに強制参加させられてしまう。ゲームに負けた場合は、即○亡で、前述のように自分のフォロワーたちも○亡してしまう。

リアルアカウント 今回のネタバレストーリー

覚醒した向井ユウマと蔵科ミズキの戦いは続く。

『ぜつぼうのくに』作・くらしなりつこ

『ぜつぼうのくに』 | リアルアカウント

『ぜつぼうのくに』 | リアルアカウントより引用

13年前に発売された絵本。内容は主人公ピエトロがひたすら不幸という不幸に襲われ続け、最後には絶望し、自○してしまうというもの。ハッピーエンドを求めてページをめくっても奥付があるだけ。

子供向けとは思えない。あまりの救いのなさに非難が続出。ついには回収処分にまでに至り、一連の騒動に心を病んだ作者は主人公と同じく自らの命を絶った。

作者・くらしなりつこは蔵科ミズキの母親だった。と向井ユウマは晒す。

蔵科ミズキ | リアルアカウント

蔵科ミズキ | リアルアカウントより引用

蔵科ミズキは応える。母親は『ぜつぼうのくに』で待っているという。『ぜつぼうのくに』では、絶望したまま○んだ人間は『ぜつぼうのくに』にいける。この世で報われなかったかわりにそこで皆しあわせにくらしいると神さまがいう内容。絶望しながら○んだ母親はいまは『ぜつぼうのくに』にいるという。だから、自分も絶望して○ねば母親と同じところにいけると信じている蔵科ミズキ。

向井ユウマは、蔵科ミズキの知らない『ぜつぼうのくに』の真実をみせてやるという。蔵科ミズキは自分の知らないことはないという。全頁を写真にとってスマホにいれているくらいだからなと。向井ユウマは教えてくれという。

『ぜつぼうのくに』がペラい理由 | リアルアカウント

『ぜつぼうのくに』がペラい理由 | リアルアカウントより引用

何故、ペラいのかと。

『ぜつぼうのくに』全40頁にしては薄すぎるという。絵本は子どもが乱○に扱ってもいいようにカタい神で作られいるもの。わざわざペラい紙を使った理由は?と聞く向井ユウマ。

応えられない蔵科ミズキに向井ユウマは答えをいう。

透かしてみるデザインの絵本だと。

データだと透かせないので画像処理アプリで処理する向井ユウマ。透かすのは最終ページ。最後、主人公ピエトロが自○するシーンが、主人公ピエトロがかみさまを剣で刺している絵になり、主人公ピエトロが「○んだ」という記述が消える。そして、模様に出しかなかった部分にQRコード、バーコードが出現する。バーコードをとると新しいメッセージがでてくる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です