ブラッククローバー 23 アスタに恋するミモザ

魔法帝ユリウス・ノヴァグロノ アスタ | ブラッククローバー

魔法帝ユリウス・ノヴァグロノ アスタ | ブラッククローバーより引用

ブラッククローバー 概要

魔神に滅ぼされそうになるが一人の魔道士が救い、魔法帝となる。魔法帝が魔道士たちの頂点に君臨する世界。15歳になると魔道書(グリモワール)を授かり、魔法騎士団に入団していく。主人公アスタは魔力がほぼないことから魔道書(グリモワール)を最初授からなかったが五つ葉のクローバーの魔道書を授かり、魔法を無効化する剣を所持する。そして、魔法帝を目指す。

ブラッククローバー 今回のネタバレストーリー

クローバー城にやってきたアスタとノエル。アスタのあまりのはしゃぎっぷりに恥ずかしくなるノエル。

数時間前、目を覚ましたアスタは飯をガツガツと食らう。歩けるようになったら騎士団本部に今回の報告をするようにと団長から言われる。早速ラックは強そうなやつがいるだろうとワクワクするもラックは問題を起こすから別の戦闘任務をマグナと入れたという。ラックはマグナに頑張ろうねと優しくいうとマグナは気持ち悪いと反応する。

そんなわけで、アスタとノエル二人きりで騎士団本部に報告に向かった。向かう途中、ユノたちに遭遇する。クラウスはアスタの身体を気遣う。アスタはミモザに回復魔法の御礼をいうとミモザは逃げ出す。

アスタに恋するミモザ | ブラッククローバー

アスタに恋するミモザ | ブラッククローバーより引用

ノエルがミモザにどうしたのかと聞くと、ミモザはアスタを見ていると胸が苦しくなって…あの日からアスタのことばかりを考えているという。ノエルはビックリする。

ミモザの恋に焦るノエル | ブラッククローバー

ミモザの恋に焦るノエル | ブラッククローバーより引用

ノエルはアスタの悪いところばかりをいうもそれも可愛いというミモザ。ミモザに必○でアスタの悪い印象を植え付けようとしている自分に恥ずかしくなるノエル。

魔法帝ユリウス・ノヴァグロノ | ブラッククローバー

魔法帝ユリウス・ノヴァグロノ | ブラッククローバーより引用

そこに魔法帝が現れる。クラウスはすぐさま膝をつくもアスタは誰だこのハデなオッサンというとクラウスは魔法帝ユリウス・ノヴァグロノ様だというとアスタは驚愕する。

ユノが手に入れた魔法書を見せると魔法帝は目を輝かせて使ってみてくれというもユノは一度だけ使えたけどその後は使えなかったというと魔法帝は残念がる。

ユノ | ブラッククローバー

ユノ | ブラッククローバーより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です