アポカリプスの砦 75 りっくんの『はじめてのおつかい』

りっくん | アポカリプスの砦

りっくん | アポカリプスの砦より引用

アポカリプスの砦 概要

ある日、(冤罪)無実の罪を着せられて無期懲役の判決を受ける前田義明。関東中の不良が集まる青少年矯正施設・松嵐学園に収監された前田は学園内でも曲者たちの監房に入れられる。そんな無秩序と○力の世界に入った前田だった。外の世界では人間を貪り喰らうゾンビたちが発生してゾンビは施設内にも侵入しいやおうなしに戦うことになる。

アポカリプスの砦 今回のネタバレストーリー

りっくんが海にダイブする。海に潜り、向こうの橋脚までたどり着く。口にはナイフを咥えている。

りっくん | アポカリプスの砦

りっくん | アポカリプスの砦より引用

橋脚に上がったところで、前田は次の指示を出す。橋脚をそのまま登らせる。

前田 | アポカリプスの砦

前田 | アポカリプスの砦より引用

一ツ兜のナイフを折ったりっくん。前田がりっくんを操れることでボコールに向かわせようとする。一度は反対するもそれ以外は前田が○ぬことになる。

はじめてのおつかい | アポカリプスの砦

はじめてのおつかい | アポカリプスの砦より引用

吉岡と言い争っている最中に一ツ兜は吉岡の銃を奪って、どっちでもいいから早くしろという。

岩倉は女性研究者に聞く。新薬は、初期の感染者に効くんですよねと。それじゃあ症状が進んだ感染者は?と聞く。女性研究者はまったく効かないことは無いと思うと応える。

りっくんに頼む | アポカリプスの砦

りっくんに頼む | アポカリプスの砦より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です