天空侵犯 83 仮面に支配されたニセちゃん

仮面に支配されたニセちゃん | 天空侵犯

仮面に支配されたニセちゃん | 天空侵犯より引用

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・ゆり。そこでは仮面をした者が人を○害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との○し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯 今回のネタバレストーリー

ニセはゆりに「不良品の仮面」を被った自分の内で起きはじめている異変について告白をはじめる。

ニセちゃん | 天空侵犯

ニセちゃん | 天空侵犯より引用

仮面が意思、意識を操るまでに時間がかかるだけだったという。意識はだんだん仮面に支配されてきていると。

頭のなかに「何か」がいて、よく聞こえないで私に「何か」を語りかけてきている。私も意思のない人形になってしまう。

ゆりとの別れはつらいけど、後悔はしていないという。

仮面が壊れた場合にどういう命令がくだされるか知っているわよねと言われ、ゆりはメイド服の仮面を思い出す。仮面が半分破壊されたメイド服の仮面は自○した。

ニセは、命令で○にたくない。だから、仮面に意識を支配される前に自分の意思で飛び降り自○するとニセは立ち上がり外に向かう。

ニセはゆりにお別れの挨拶をして涙を流す。

本城ゆり | 天空侵犯

本城ゆり | 天空侵犯より引用

しかし、ゆりはニセの飛び降り自○を食い止める。

自○なんてさせない。あきらめさせないとニセを強く抱きしめる。ゆりは、「神に近づいた者」なんてのもいるんだから何とかなる方法はあるとニセに負けないでという。

ニセ仮面 | 天空侵犯

ニセ仮面 | 天空侵犯より引用

ニセはゆりに感謝するも早く離れたほうがいいという。仮面のイメージがすぐそこにいるという。イメージに捕まってしまうと。

本城ゆり | 天空侵犯

本城ゆり | 天空侵犯より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です