ブラッククローバー 26 アンデッド集団が王貴界を襲う

センターカラー | ブラッククローバー

センターカラー | ブラッククローバーより引用

ブラッククローバー 概要

魔神に滅ぼされそうになるが一人の魔道士が救い、魔法帝となる。魔法帝が魔道士たちの頂点に君臨する世界。15歳になると魔道書(グリモワール)を授かり、魔法騎士団に入団していく。主人公アスタは魔力がほぼないことから魔道書(グリモワール)を最初授からなかったが五つ葉のクローバーの魔道書を授かり、魔法を無効化する剣を所持する。そして、魔法帝を目指す。

ブラッククローバー 今回のネタバレストーリー

王都が襲撃された。あちこちから火の手があがる。アンデッドのような者を使い、王都を襲う。

アンデッド | ブラッククローバー

アンデッド | ブラッククローバーより引用

王都を守る魔法使いがアンデッドを攻撃するも腕がもがれ、胸に穴が空いても動きをやめないことに怯む。そして、やられる。

王都襲撃を一報を受け、シレン・ティウムは王都の様子がわかる魔法を使う。

岩石創成魔法「世界を語る模型岩」 | ブラッククローバー

岩石創成魔法「世界を語る模型岩」 | ブラッククローバーより引用

岩石創成魔法「世界を語る模型岩」

王都全容の岩の模型が出来上がり、襲撃を受けている現状が現れる。現地の人間の声までも再現されていることにクラウスやアスタは驚愕する。

ミモザは自分の「魔花の道標」より遥かに高度だという。

その模型岩をみて各々が分析する。これほどの魔力量の軍勢をわれわれに気づかずに五箇所同時に配置するのは相当な空間魔法の使い手だと考える。王都(王貴界)は護衛の魔道士によって常に魔法障壁が張られて侵入は不可能なはずだと。

アスタ | ブラッククローバー

アスタ | ブラッククローバーより引用

どうやって対処しようかと考えるもアスタは助けに走りだす。魔力の探知ができずとも音のでかいほうにいくという。

動物かと唖然とするクラウスに、アスタをライバルといったレオポルド・ヴァーミリオンが面白がりアスタについて行く。

魔法騎士団員 | ブラッククローバー

魔法騎士団員 | ブラッククローバーより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です